免疫について

 免疫ってよく聞くけれど、体の免疫の仕組みまで正確にわかる人は多くはないのでしょうか。なんとなくイメージで捉えたりしている人が多数だと思いますが、この機会に私たちに備わっている免疫というものがどういうものなのかを分かりやすくお伝えしていきます。

そもそも免疫とは?

 免疫の定義は「自己にとっての異物を非自己として排除する仕組み」とされています。自己とは自分のことで非自己とは体外から進入してくる本来自分の体にはないもののことで、それはウイルスや細菌などです。要は自分の体にとっての敵が侵入してきたら、それらを排除するシステムを稼働しましょうっていうのが免疫システムです。この免疫システムが正確に作動するのか、強力に作動するのかがよく言われる”免疫力”というものです。

 免疫システムは外から侵入してくる敵に対して、免疫力が低い状態だと”易感染性”になり敵の侵入を容易にしてしまい生体の防御能力が下がってしまいます。反対に何らかのシステム異常で敵に対して過剰に反応しすぎてしまう状態が皆さんがよく聞く”アレルギー”です。なので、免疫システムは過不足なく適度に反応しないといけません。

 また、敵ではない自分の細胞に対して免疫システムが発動してしまうことがあり、それが”自己免疫疾患”になります。代表的なものとしては、リウマチを含めた膠原病です。これは免疫システムの誤作動といえるでしょう。

免疫を担うものたち

 免疫を担う細胞がいくつかあります。一口に免疫といっても数種類の細胞が役割分担をして、様々な外敵に打ち勝てるようになっています。ではどのような細胞にどんな役割があるのか見ていきます。

  • 顆粒球

顆粒球にはさらに3種類に分けられます。

・好中球:細菌の貪食、殺菌作用。侵入してきた細菌を食べたり殺してくれます。

・好酸球:寄生虫に対して作用。その他アレルギーにも関わるので、アレルギー疾患があると増加します。

・好塩基球:炎症反応に関わり、その他好酸球と同様にアレルギーにも関わります。

  • リンパ球

リンパ球は主に3つに分けられます。

  • T細胞(T細胞はさらに3つに分けられます)

 ①T1:マクロファージ、細胞障害性T細胞を活性化させる。

 ②T2:B細胞に分化。抗体を作るのを誘導させる。

 ③CTL(細胞障害性T細胞):ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞を破壊する。

  • B細胞:抗体産生や抗原提示を行います。(要は敵を覚えて敵をやっつける細胞に指令を出す)その他、抗体も産生。
  • NK細胞:ウイルスに感染した細胞と腫瘍細胞を破壊。
  • マクロファージ

 異物・老廃物の処理、貪食・殺菌、抗原提示、炎症性サイトカイン産生などたくさんの役割を持ちます。

体内の掃除屋さんとも言えます。先述した好中球にも貪食・殺菌作用がありますが、好中球で処理しきれなかったものも処理します。

  • マスト細胞

 炎症を起こす他、アレルギー反応にも関わります。また、ケミカルメディエータを遊離させます。これはヒスタミンなど炎症に関わる物質を放つということです。

このように免疫細胞には多くの細胞が関わっていることがわかります。またそれぞれの細胞には役割があって働いてくれています。

免疫の種類

 これまで免疫を担う細胞とそれぞれの役割についてお伝えしてきました。これからは、免疫の種類についてお伝えしていきます。免疫には2つのシステムがあります。

自然免疫

このシステムは私たちが生まれながらに持っているシステムです。これがどんなものか見ていきましょう。

  • 体表面でのバリア

 皮膚や胃腸などの粘膜、腸内の常在菌によるバリア機能があります。

  • 体内での排除

 細菌の場合:樹状細胞で異物の侵入を感知→サイトカインを産生して炎症開始→好中球、マクロファージによって異物の貪食・殺菌

 ウイルスの場合:NK細胞が感染された細胞を破壊。また、インターフェロンが感染を防御する。

以上の2つの仕組みが生まれながらに持っている自然免疫システムです。また特徴として以下のことが挙げられます。

  • 特徴

①非特異的である(特定のものだけではなく、無差別に働く)

②即時的である(すぐに働く)

③免疫記憶はできない

要するに異物を大まかに認識してそれらをすぐに排除させることが自然免疫の目的です。

獲得免疫

こちらは自然免疫のように生まれながらに備わっているわけではなく、生きていく上で身につけていく免疫のことです。そして、その中にも2種類のシステムがあります。ではその2種類はどのようなシステムになっているのか見ていきましょう。

  • 細胞性免疫

 抗原提示細胞→ヘルパーT細胞→Th1細胞

 上記のような流れになっており、Th1細胞はマクロファージと細胞障害性T細胞の活性化をさせます。

  • 液性免疫

 抗原提示細胞→ヘルパーT細胞→Th2細胞

 Th2細胞はB細胞というリンパ球の1種である細胞を形質細胞へと分化させて抗体を産生します。

以上の2つのシステムが獲得免疫にはあります。では、獲得免疫の特徴についてどのようなものがあるのか見ていきます。

  • 特徴

①特異的である(特定のものに対して作用する)

②発現は遅い

③免疫記憶ができる

要するに特定の抗原に対するリンパ球のみを増殖させるので、作用的には緻密でありながらも強力に働いているのです。

上記の特徴を見ると先述した自然免疫とは全て反対の特徴があります。だからこそ、自然免疫と獲得免疫で両面から免疫システムを強力にサポートしているといえるでしょう。とても理にかなっていて十分にあらゆる状況に応じて免疫が働くようになっているのですね。

関連記事

  1. 12月の休診日

  2. 8月の診療予定

  3. アキュゾーン セラピー上達への道4

  4. 漢方って本当に効くの?

  5. 専門学校でセミナー開催しました

  6. セミナー開催について

PAGE TOP