耳鳴りの治療

耳鳴りの治療とは?

 耳鳴りの原因は首肩こりからくる耳への血行障害によるものと、耳そのものに原因があるものに分けられます。耳そのものの疾患には突発性難聴や耳石の問題、内リンパ水腫(メニエール病)などがあります。治療の効果においては当院の経験上では首肩こりからくるものは確実に改善できています。ただ耳そのものが原因のものに関しては人により効果が出て改善した人もいれば、あまり効果がなかった人もいますので首肩からくるもののように確実に改善できるとは言えません。ただ、病院などで治療しても効果が出なかったりしてずっと悩んでいるならば実際に効果が出ている人もいますので一度鍼灸治療を試してもらえればと思います。

 耳鳴りの治療をすることで大切なポイントがいくつかあります。それを一つづつお伝えしていきます。

胸鎖乳突筋の張りを取る

 当院が行なっているアキュゾーン セラピーでは耳の疾患を治療する際には胸鎖乳突筋の張りを取ることが最も重要となります。ではなぜ他にも色々と筋肉があるのに胸鎖乳突筋が重要なのでしょう。これは胸鎖乳突筋は他の筋肉とは違う神経で働かされているからです。その神経が体がストレスに侵されていて緊張状態にある時に活発に活動するので、ストレスが強い時は胸鎖乳突筋が他の筋肉よりも優先的に張っています。

 胸鎖乳突筋が張ると心臓から耳へ供給する血液の量が減ってしまいます。これは心臓から出た血液は耳へ行く途中に首を通りますが、その時に胸鎖乳突筋が張っているとホースの水を外から圧迫すると水の流れが悪くなるように筋肉の張りが強いと血管を圧迫して血行が悪くなります。そうなると耳へ行き届く血液量は通常の状態よりも胸鎖乳突筋が張っているときは減ってしまいます。特に写真の青い点のある耳の付け根の辺りに耳鳴りの人は押すと痛む場所が必ずあります。それを解消するために手首に細い針をして青い点の周辺の圧痛を取っていきます。

腎機能の改善

 耳の疾患を抱える人の多くが腎機能が弱っていることが多く見受けられます。これは実際に検診で腎機能に問題があるレベルの人から検診レベルでは問題ないけれども体の反応をみた結果腎が弱っているというケースも含みます。いわゆる未病の段階です。アキュゾーン セラピーでは腎機能と耳の関連も重要視します。

 腎機能が落ちる原因としては、味付けの濃い食生活や冷え性、過度なストレスなどがあります。特にストレス社会の現代ではやはりストレスが原因の人が多いです。ストレスを受けると副腎という腎臓の上に傘のように乗っかっている臓器があるのですが、そこからストレスに対抗するホルモンを作って放出します。よってストレスが多ければ多いほど副腎はたくさん働いてストレスに対抗するホルモンを作らなければならなくなり、疲弊してしまいます。副腎と腎臓は別々の臓器ですが東洋医学ではまとめて腎とくくることもありますので、副腎が疲弊して機能が落ちていても腎の反応が出る場所に同じように痛みや硬さとして反応が出ます。

 腎機能を判別する場所はお腹のお臍まわりです。腎機能が落ちるとお臍の周りが硬くなり押すと痛みが出てきます。大抵の人はここに反応が出ますが、その他にも腰や脇腹にも硬さや痛みが出る人もいますのでしっかりと反応をみてその硬さや痛みを除去していきます。

頸椎の硬さを取る

 頸椎も耳にとってとても大切な場所です。頸椎の周りが硬くなってしまうと胸鎖乳突筋の時の原理と同様に耳への血流が悪くなってしまいます。そのために頸椎周りの硬さは絶対に取っておかなければなりません。頸椎周囲が硬くなる原因としては姿勢の悪さや過去のケガ、腎機能の低下が挙げられます。

 まず姿勢の悪さは当然ながら首肩周りの筋肉の張りを引き起こして結果的に頸椎周辺の小さな筋肉も張ってしまいます。特に長時間同じ姿勢でいることが多い人はその姿勢を保つために常に同じ筋肉が使われるために特定の筋肉だけがとても張ってしまいます。

 次に過去のケガも関係します。過去のケガとは具体的にはむち打ちが最も多くみられます。むち打ちのきっかけとして交通事故やスキーやスノーボードでの転倒、幼少期のブランコからの落下など首に急激な衝撃を受けて痛めたことがある人はむち打ちのケガ歴とみなして良いでしょう。むち打ちを経験した人には胸椎のところに痛みが出るという特徴があります。むち打ちのように首に大きな衝撃を受けると首が前後左右に一気に瞬間的にふられます。その結果筋肉の急激なひっぱりが起こり筋肉は頸椎を支えているために頸椎が筋肉に引っ張られて歪んでしまいます。そこで、歪んだ頸椎を支えているのが胸椎ですが胸椎にも歪んだ状態の頸椎を支え続けなければならないために正常な頸椎と比べてかなりの負担がかかってきます。そのために胸椎にも痛みが出てくるのです。なので胸椎の負担を減らしてあげれば頸椎周囲も楽になるので、胸椎周りの筋肉の硬さをとったり血流を良くしてあげます。

 最後に腎機能です。こちらは先述した通り腎機能の改善をはかっていきます。なぜ腎機能と頸椎周囲が関係するのかというと、腎機能が低下してくると上部頸椎(首と頭の付け根)の血流が悪くなります。その結果、上部頸椎付近の筋肉の異常な張りや、その状態が長く続いていて慢性化しているとゴリッとした骨のような塊が出来上がってしまいます。そのことが耳への血流を悪くして耳鳴りの改善を妨げてしまうのでそれらを除去するために腎機能の改善をしていきます。

針治療は痛くない?

 当院が行なっているアキュゾーン セラピーでは治療するにあたり痛みは伴いません。今まで針治療を受けてきて痛い思いをした人でも、初めて針を受けて見る人でも当院の治療は痛くありませんのでご安心ください。ただ、痛くなくても効果が出なければ意味がありません。痛くない針というものも数多く存在しますが、効果がイマイチだったりすることもあるのは事実です。アキュゾーン セラピーに関しては効果もしっかりと感じていただけます。良いことばかり書いていると思われるかも知れませんが、今まで当院が経験してきたことからいえばそれは実証済みです。

 おそらくこの記事を読まれている人たちは耳鳴りがして病院を受診して原因がわからないけれどとりあえずビタミン剤やめまい止めなどの薬を出されてそれらを飲んでも改善しない人たちだと思います。あるいは、原因がわからなけれど診断をしないといけないのでメニエル病とか突発性難聴とか何かしらの病名をつけられている人もいると思います。けれども耳鼻科領域は不明な点が多く科学で実証されていることが他の領域に比べて少ないので科学的な観点から診断と治療を行う西洋医学では難しいのです。もちろん西洋医学だけで治った人も多くいるでしょう。ただ、治らない人も数多くいるのも事実です。病院の治療だけで治らないならば、他の治療も取り入れて治療していくことが望ましいでしょう。今までの治療を3ヶ月くらい続けても改善が見られないならば他の方法も試してみるべきだと思います。

 当院では今までメニエル病や突発性難聴と診断されても改善したケースもありますので、鍼灸治療ではありますが治したい、試してみたいと思ってくださればぜひ一度お試しください。耳鳴りに関しては全てにおいて改善実績があるわけではなく冒頭にも書きましたが効果が出なかったケースもあります。それでも改善できた実績の方が多いしきちんとした改善例があることも事実です。当院まで遠い人は近くの鍼灸院を探して鍼灸治療を試してみると良いでしょう。皆さんの耳鳴りが改善されることを願っています。

 耳鳴りに関してのお問い合わせはこちらから。LINEでもお気軽にご相談いただけます。

関連記事

  1. 便秘の原因や症状と改善方法について

  2. 後頭部の頭痛が特徴の緊張型頭痛とは?

  3. ひどい生理痛を緩和させるには

  4. 四十肩、五十肩の治療と対策

  5. 偏頭痛の治し方は?治療と対処法について

  6. 偏頭痛の針治療について

PAGE TOP