アキュゾーン セラピーとは?

アキュゾーン セラピーってなに?

 アキュゾーン セラピーとはアメリカのニューメキシコ州で開業されている日本人鍼灸師の中野雅章先生が考案した今までにない特殊な鍼灸治療です。当院ではアキュゾーン セラピーのみで治療を行なっています。

 中野先生はアメリカに渡って鍼灸師の資格を取り、その後すぐに開業してもう30年ほどが経ちます。その間に徐々に患者さんが増えていき、今では一ヶ月に四百人弱の診療を行なっていて予約もパンパンでおそらくニューメキシコで一番繁盛している鍼灸院の先生です。

 アキュゾーン セラピーは他の鍼灸治療と大きく違う点は、まず第一に鍼灸独特の痛みを感じない無痛鍼ということです。鍼が痛くないって皆さん想像つきますか?イメージしにくいと思いますが、鍼灸治療をする際にアキュゾーン セラピーは痛くないんです。しかも痛くないだけではなく効果もかなり出ます。当院がアキュゾーン セラピーで治療を行なっている最大の理由は単純にどの治療方法よりも効くからです。院長はじめスタッフ一同、いろんな治療を体験したり経験してきましたがこの治療よりも効果が出たことはありませんでした。

アキュゾーン セラピーの治療方法とは?

 アキュゾーン セラピーで使用する鍼は世界で一番細い鍼をメインで使います。しかも使う本数は最大でも7本だけ。腰痛や肩が痛かったり胃痛や頭痛などあらゆる症状でも7本以内で治療を行います。たった7本と思われるかもしれませんが、鍼はたくさん刺せば効くということはありません。むしろ、いかに少ない鍼で効果を最大限出せるかが大切であり、またその部分で最も技術の差が出るところでもあります。

 鍼灸治療自体が、私たちの体には自己治癒力という自分で治そうとする力が備わっています。普通は何か症状が出た時にそれが発動して治癒に導くのですが、なにかしらの理由でその力が出ない時があります。そのような状態の時がいつまでたっても痛みや症状が治らないという状態です。この期間が長ければ長いほど慢性的であるほどに自己治癒力はとても低い状態に陥ってしまいます。それを鍼灸治療で最大限高めて本来自分に備わっている力を戻してあげるのが鍼灸師の役割です。その際に自分の治す力を戻してあげるのに多くの刺激は必要でしょうか。多くの刺激を入れすぎると逆にその刺激に頼り切ってしまい、本来の自分で治そうとする力が戻っていきません。だから最小限の刺激で最大の効果を出すことが必要であり、技術のいることなのです。

 アキュゾーン セラピーで使うツボは26個しかありません。その少しのツボの中で毎回体の状態に合わせて7本以内に収まるように選んでいきます。26個のツボはグループ分けされています。最も大切なエッセンシャルグループとそれを補助するサポートグループ、またそれを補助するアシストグループの3つに分けられます。これらのグループの中から適宜ツボを選んで治療を行います。

効果はあるの?

 効果はあります。しかも治療を受ければ分かりますが、絶対に感じてもらえると思います。その理由として、アキュゾーン セラピーでは鍼をする前に触診といって体のどこに悪い反応が出ているのか、痛みや硬さが出ているのかを詳細に探っていきます。その際に悪いところや治すべきところには圧痛という押されて痛く感じるポイントが出てきます。圧痛は悪いところには出ますが、何でもないところには出ません。そしてその圧痛をとっていくために、先述した26個のツボの中から必要なものを選んで治療していきます。ツボに鍼をするたびに圧痛がなくなっているかどうか確認しますので、鍼の効果が出ていれば圧痛はなくなるか弱くなるし、出ていなければ変わらないので、お互いに効果を感じながら治療を進めていけます。これは他の治療方法にも良い部分はありますが、例えば脈をみて整ったから良くなりますよ、と言われても患者としてはよくわからないし、痛いところに鍼をブスブス刺されて治療した後は重たさや怠さで治ったかどうかが分からないということもよくあるでしょう。その点、アキュゾーン セラピーは優しい鍼ですし、圧痛が取れたかどうかきちんと確認するので双方が効果を納得できることも大きなメリットでしょう。

 そして治療を終えた後に必ず症状に変化が出たかを確認します。よくある鍼灸治療は一通り終わったら今日はこれで終わりです、といって治療前の状態と治療した後の状態を確認しません。それでは治ったかどうか、改善されたかどうかが分からないし闇雲にしばらく通ってくださいと言われても効果があるのか感じられない状態で通うことにも抵抗があります。その点、アキュゾーン セラピーは治療後にきちんと症状がよくなったのか確認をしますので、一方的に治療を終わらせることはありません。

すぐに治るの?通う期間は?

 効果においてはすぐに分かると言いましたが、確かに即効性がありますがそれですぐに治るというわけでもありません。ちょっとした筋肉の硬さや張りなどはすぐに治りますが、持病で糖尿病があったり肝機能に問題があったり婦人科疾患を抱えていたりするとそれらが原因で痛みや症状を出しているケースがあります。鍼灸治療にみえる人たちはほぼ全て後者のケースですが、そのような際は少なくとも3回は経過をみたいところです。

 そこでどのくらい通えば治るのかという疑問が湧いてくるでしょう。通う期間は今抱えている症状の数や程度、持病の有無などの数多くの要因でかなりの差がありますが、平均すれば3〜5回で今抱えている症状の改善はできます。多くの場合は初診で治療してその1週間後に2回目の治療をして、2回目の治療から2週間後に3回目の治療をして経過をみるというパターンが当院では多いです。そこで改善されればまた痛くなった時に来ても良いし、日頃よりメンテナンスの必要性を感じたならばひと月に1回程度のペースでメンテナンスをしていきます。大抵の人はもうあの痛みを経験したくないからということと、メンテナンスの必要性を感じてひと月に1度ペースでケアをしています。ただ、忙しい人は痛くなった時にまた治療をすることも多いです。そこは個人個人で生活環境や使える時間やお金が違うので、うまく合わせてもらえればと思います。

 なので、治療ペースは週に何度もする必要はなく何十回と通う必要もありませんので、1回の治療費用は他の治療と比べて高いかもしれませんが結果的には早く治り時間もお金も節約できることにもなります。ここもとても大きなメリットでしょう。

どこで治療を受けられる?

 アキュゾーン セラピーで治療している鍼灸院や治療院はいくつかあります。アキュゾーン セラピー自体がここ最近で生まれた最新の治療方法なのでまだあまり導入しているところも多くはありませんが、皆さんのお住まいの近くで探してみると良いでしょう。今はどの治療院もホームページがありますので、そこに記載されていると思います。

 ちなみに、アキュゾーン セラピーの開発者である中野先生から正式に技術認定を受けているのは日本全国で当院の院長だけです。なので当院では間違いなくきちんとした治療は受けていただけますが、当院が遠方の際はお近くで探してみてください。

まとめ

 当院が行なっている最新の鍼灸治療のアキュゾーン セラピーがどんなものかお伝えしてきました。鍼自体に苦手意識を持っている人でもこの治療方法ならば受け入れてもらえると思います。実際、当院では鍼が嫌いという人や過去に鍼で痛い思いをした、嫌な思いをした、効かなかったという人がこの治療を受けてその効果を感じて症状が治っても定期的にメンテナンスに来ている人がとても多いです。ネガティブなイメージだった人ほど、そのイメージが覆った時にとても感動してもらえるのかもしれません。

 今回は当院が行なっているアキュゾーン セラピーとはどのような治療なのかをお伝えしました。もしこの治療に興味を持ち受けてみたいと思ってくださればぜひ一度ご体験ください。きっとお役に立てると思います。そうでなくても、症状を治したい皆さんの少しでも選択肢の幅が広がって治ることに繋がってくれたらそれだけでも十分に思えます。早く皆さんの痛みや症状が治りますように。

 治療についてのご相談はこちらまで。LINEでもお気軽にご相談いただけます。

関連記事

  1. 甲状腺機能低下症(橋本病・慢性甲状腺炎)

  2. 5月の休診日

  3. 鍼灸セミナー(アキュゾーン セラピー)受付開始しました

  4. 頚肩腕症候群とは (首、肩、腕の痛みや痺れの原因とは ?)

  5. セミナー受付開始

  6. 新年ご挨拶

PAGE TOP