坐骨神経痛の原因や症状とは?

 突然やってくる坐骨神経痛。症状がひどい場合はじっとしていても痛みを感じて、とても精神的にも肉体的にも辛い思いをします。そんな辛い坐骨神経痛について詳しくみていきましょう。

坐骨神経痛の原因は?

 坐骨神経痛とは坐骨神経に痛みが走る全ての総称のことを指します。坐骨神経は、とても太い神経で腰椎から足先まで伸びているとても長くて太い神経です。その神経が圧迫を受けて刺激を受けていたり、その状態が長引いて神経そのものやその周りが炎症を起こしていると程度によりますが痛みを感じます。

 坐骨神経痛になる原因には、筋肉でいえば梨状筋症候群というお尻にある梨状筋という筋肉がなんらかの理由で硬くなってしまい、その筋肉に坐骨神経が圧迫されてしまう事があります。骨格絡みでいえば、脊柱管狭窄症といって脊髄が通っている脊柱管がすべり症や靭帯の肥厚によって狭くなってしまい神経を圧迫してしまうことや、腰部椎間板ヘルニアでヘルニアの出っ張った部分が神経を圧迫してしまうこと、過度な運動や加齢などにより腰椎が変形してしまい、それが神経に触れてしまっていることなどがあります。

どんな症状が出るの?

 一般的な症状としては足やお尻に痛みや痺れが出ます。その痛みの強さや痺れの度合いは程度により差はありますが、例え症状が軽くてもそれが徐々に強くなっていくケースも多々みられます。

 当院の今までのケースもご紹介すると、一般的なお尻や足の坐骨神経の場所に沿った痛みや痺れも当然ありますし、膝が痛い、足首が痛い、足がゾワゾワする、足の感覚が鈍いと訴えるケースもよくありました。特に、膝が痛い、足首が痛いと訴えて診察してみると坐骨神経痛だったというケースも少なくありませんでした。

 症状の程度については、違和感を感じるくらいの軽微なものから、痛み止めを大量に飲んでも全く効かないもの、痛みで夜も眠れなくて精神的にも参ってしまうもの、かなりの痛みから涙が出るほどのものまで個人差がかなり大きい事は感じました。特に重度のケースの人は本当に辛そうで精神的にもかなりの負担があるように見えました。

薬を飲んでも効かない?

 坐骨神経痛で病院にかかると、とりあえず痛みを抑えるために痛み止めや血流改善の薬を処方してもらえます。あくまで痛みを押さえ込むための薬なので根本的な解決には至りませんが、痛みがひどい場合はまずは痛みを抑える事でかなり楽にはなるでしょう。しかしながら、重度の坐骨神経痛の際には痛み止めすら効かない事もしばしば。最初は軽いロキソニンなどの痛み止めから入って、それでも効かなければもう少し重いボルタレンになり、なにをしても効かないとリリカなど神経痛用の強い薬に段階的に変えていきます。

 それでも変わらない、効かないケースも実は結構あって、そうなるととにかく痛みを消したいがために最も強い薬を限度いっぱいまで高容量で飲んだ上に、モーラステープやロキソニンテープ、ボルタレンテープなどを貼っている方もたくさんみてきました。痛みどめのテープを貼った所の皮膚は黒ずんで荒れていたり、強い薬を飲んだがために胃の痛みが治らなかったりと、二次被害がひどいケースもありました。

まとめ

 今回は坐骨神経痛の原因や症状について、一般的な意見と当院の今までの経験を交えてお伝えしました。治療については書く事が多いため、次回に書こうと思います。坐骨神経痛は命に直接関わる疾患ではないために、ただの神経痛だと思われる事はよくありますが、重度の場合は日常生活上でとても不便な事が多く生活の質を著しく落としてしまう疾患でもありますので軽視はできません。

 坐骨神経痛で困っている人は、まずは自分の症状がどのようなものか整理して、近くの医療機関に相談してみると良いですね。もし、すでに病院に行ったけれど治らなかったり、整体や整骨院に通っていても治らない場合は症状が出ている場所以外にも原因があるかも知れませんので、今までと違った視点で診てもらえる治療院を探してみてください。

 坐骨神経痛についてのお問い合わせはこちらまで。LINEでも簡単にお問い合わせいただけます。

関連記事

  1. ひどい生理痛を緩和させるには

  2. 四十肩、五十肩の治療と対策

  3. 便秘の原因や症状と改善方法について

  4. 四十肩・五十肩の症状と治療

  5. 耳鳴りの治療

  6. 群発頭痛とは?その原因と薬や治療について

PAGE TOP