美容鍼の効果

 美容鍼は一昔前まではあまり周知されていませんでした。鍼灸自体も最近でこそテレビで取り上げられる機会も多くなり、認知度も高まってきてはいますが、まだまだ知られていない事も多々ある現状です。

 ただ、最近はモデルさんや海外のセレブたちも積極的に美容鍼を取り入れてSNSで発信していることもあり、かなりメジャーになりました。美容鍼は鍼灸業界の中ではすでに一つのジャンルとして捉えられています。

 ではなぜ多くの女性が美容において美容鍼を取り入れているのでしょうか。それは高い効果があるからに他なりません。美容鍼自体は費用的にも結構かかるものですが、それでも取り入れるからにはそれなりの効果がなければ取り入られる事もなく、メジャーになる事もなかったでしょう。

 それでは、次に美容鍼にはどのような効果があるのかをみていきましょう。

新陳代謝の促進

 美容鍼の効果はいくつかの効果がありますが、まず第一に”ターンオーバーの促進”でしょう。

 これは人間の生理的な現象をうまく利用しているためです。まず顔に鍼を刺すという事は、体にとっては細胞に傷をつけられてしまう事になります。

 私たちの体にはホメオスタシスといって体の状態を常に一定に保つような仕組みが備わっています。その仕組みが顔に鍼をして細胞が傷つけられると傷ついた細胞を修復しようとして発動します。すると奥から新しい新鮮な細胞が出来上がり、古い細胞ほど表面にあるので表面の古い細胞が剥がれていきます。この一連の流れがいわゆる”新陳代謝”で、この絶妙な傷つけ方ができるのが鍼灸なのです。

 細胞を傷つけるといってもナイフのようなものだと本当の傷になってしまうし、爪楊枝のようなものでも傷つけるまでには至らない。そこで鍼が最も適した刺激となるのです。

 新陳代謝が高まれば、古い細胞が長時間とどまること無く、新しい細胞が常に作られるので皮膚の状態は当然良くなります。

血流の改善

 先述した通り、細胞に傷がつくとそれを修復しようとして新しい細胞を作る作業が始まります。

 その時に何も無く新しい細胞が作られるわけもなく、新しい細胞を作るにはたくさんの原料が必要になります。その原料を運んできてくれるのが血液です。

 だから顔に鍼をして細胞を傷つけると、傷ついた細胞を修復しようとしてその箇所に集中的に血液を運ぼうとして血流が良くなります。血流が良くなれば青白い元気のない顔色が血色の良いピンク色に変わります。

リラックス効果

 美容鍼はリラックス効果も大いに期待できます。

 顔に鍼をしますが、同時に顔の筋肉にも鍼をする事になります。顔には表情筋といって喜怒哀楽を作るための筋肉があります。表情筋は数種類あるのですが仮にA、B、C、Dとしましょう。喜を作るときはAとCを動かしてBとDを動かさない、怒を作るときはA、B、Cを動かしてDを動かさないというように、動かすものと動かさないものを作る表情によって変えているのです。

 しかしながら私たちは意識的にAを動かしてDを動かさないで、と思いながらやっているでしょうか。答えはノーのはずです。(今まで意図的にやっている人とは出会った事がありません)

 なので知らないうちに顔の筋肉は結構こっている事が多いのです。しかし、意識して使っている訳でもないので、美容鍼など顔に施術をする機会がないと気づく事は難しでしょう。顔も肩や首と同様にこるのです。

 それを改善させるために施術をするのですから当然リラックス効果が得られます。顔の強張った筋肉が緩んでいくので、頭がスッキリしたりする感覚も出る人もいます。肩や首をマッサージされている時に気持ち良いと感じるのと同じ事です。ただ、あくまでも鍼灸技術なので鍼灸師の技術次第で痛みを伴うこともあります。

まとめ

 前述した以外にも細かな事を言えばまだまだたくさんの効果が期待できますが、美容鍼は大まかにこれらの効果があります。美容鍼は様々な所で受ける事ができます。都心でエステと融合させている場所もあるし、整骨院でマッサージしながら受けられる場所もあるし、値段も大体3,000円〜20,000円くらいまでかなり幅が広いです。

 その中で自分と合う美容鍼の施術所を探してみて下さい。お勧めは、美容鍼はあくまでも鍼灸なので鍼灸技術に長けた所は間違いないと思います。あとは、エステも含めて贅沢にケアしたいのか、贅沢さはいらないからとにかく美容鍼の効果が欲しいのか、気軽に試してみたいのか、という所だと思います。

 最後に、当院は鍼灸専門院ですので鍼灸技術のみで今まで勝負をしてきましたから、鍼灸治療も美容鍼もしっかりとした満足いくものをご提供できると思います。わからない事がありましたらお気軽にご連絡ください。

 美容鍼についてのご相談はこちらまでお気軽に。LINEでも構いません。

関連記事

  1. 美顔の鍼とは?

PAGE TOP