アキュゾーン セラピー上達への道4

前回は取穴について書きました。

今回のテーマは”選穴”。

選穴もとても大切。

選穴が正しくないと、圧痛が取りきれなかったり、すぐに戻ってしまったり、、

色々と微妙。

選穴は、

完璧な触診ができていることが前提だけど(触診が完璧じゃないと、圧痛をとっていく治療だから取りこぼしが出てしまうため)

まず始めにエッセンシャルポイントから取穴しますよね。

そして次にどこを選ぼうかって考えるけど、

ここでもう一度振り返って、そのエッセンシャルポイントが本当に効いてるか確かめてみて。

初めの頃は、カダ穴だけ取れてれば、別に構わないけど、

ある程度数やって、次のステップに行く人は、

もっとエッセンシャルポイントの精度を上げないと。

中野先生と他の人との差は、取穴だけでいえばエッセンシャルポイントの正確さだと思う。

エッセンシャルポイントで、カダ以外(任脈以外)がどれだけ取れるか、

ここ、意外とキーポイント。大切。

この精度を上げたうえで、

次に2穴目。

ここですんなりとうつ伏せなら京門、仰向けなら公孫、

とか行ってしまうのは、それ以上伸びないから、

この人の圧痛はどこに出ているのか、何が原因と考えられるのか、

そこをきちんと考えて取穴しないとね。

例えば、

うつ伏せでカダ穴とれました。でも、仙腸関節1、2行と腎のところに反応があります。

よくあるパターンでしょ?

この時にすんなりと京門に行って欲しくないってこと。

もし、腎が原因できているなら、

照海(更年期で頭が熱っていたりすれば湧泉)を取穴すれば、仙腸関節1、2行も取れるから。

逆に、

仙腸関節の歪みや筋肉の硬さが原因ならば、

京門を使って仙腸関節1、2行を緩めたら、腎のところも勝手に取れる。

これらを逆にやってしまうと、

全て取れるかもしれないけど、鍼数多くなるし、

上手くならないし。

そして、

重い症状の人の時に、一切圧痛がとれない事態に発展するから。

だから、

いつのときも、

何がこの圧痛の原因なのかを、

問診で聞いたことや、顔色、声色、性格、前回からの経過、既往歴、圧痛箇所、圧痛の程度、、、、、

などから考えられうることを全て考えて、

圧痛を取る処置をしないと上手くならないし、

症状が重い人を治せるようにもならない。

これは、

自分でもいつも課題だし、

あっちだったのかなーって時もまだある。

だけど、

それを意識して、より良い治療ができるように努めないと、

いつまで経っても上手くならない。

だから、

臨床している人、学生問わず、

いつもそうやって考える癖をつけてもらえると、

上達が早くなるんじゃないかな。

中野先生も、

「何が原因なのか考えろ」

っていつも言ってるし。

その意識づけは、

とても大切でっせ。

お互い頑張りましょう。


鍼灸ランキング

関連記事

  1. BDORT研修

  2. セミナーしました

  3. 5月の休診日

  4. アキュゾーン セラピー、上達への道

  5. 3月の休診日

  6. 研修生募集

PAGE TOP