アキュゾーン セラピー、上達への道

中野先生が考案されたアキュゾーン セラピー。

私自身もやり始めてから5年以上が経つけれど、未だに難しい。

というか、治療すること自体が難しい。

先日、中野先生と連絡した際に

「人様を治すということは難しいですよ。そうそう簡単に治ってくれません。だから日々の努力が大切です」

って言ってた。

臨床歴30年もの先生が言っているんだから、

本当にそうだと実感。

自分もこの世界に入って10年は過ぎるが、

治療の難しさと楽しさを毎日感じてる。

そんなわけで、

今の自分の治療方法であるアキュゾーン セラピーを、自分なりにどう練習してきたかを書いてこれからアキュゾーン セラピーを学んでいく人たちとシェアしていけたらと思い書いてみます。

今回は、なんでアキュゾーン セラピーをしているのか、について。

まず、アキュゾーン セラピーのみで治療しているのは、

これ以上効果の出る治療方法が自分の中でないから。

他の治療方法もたくさん勉強してきて実践もしてきた。

だけど、これ以上のものはなかった。(自分に合っているだけかもしれないが)

だからアキュゾーン セラピーのみで治療していこうと、極めていこうと決めた。

そんなもんで、アキュゾーン セラピーのみでやってきたらか、

これで治らなければ患者さんは二度と来てもらえない。

そしてたくさん来てもらえない経験をした。患者さんにも迷惑をかけた。

だけど、

そこで他の治療法に変えてみたり、付け加えてみたりしても、

どうせ中途半端で終わる。

だから頑なに、患者さんには悪いけど意地でもアキュゾーン セラピーのみにこだわった。

そしてこだわり続けた結果、

中野先生から初期段階ではあるけれど、認めてもらうことができた。

何よりも、

今までたくさんの患者さんに技術不足で迷惑をかけてきたと思うが、

以前よりは、良い仕事ができていると実感できるようにもなってきた。

開業して最初の頃は、

一ヶ月で70〜80人しか診れなかったのが、

最近では200人前後の人から支持して頂けるようになってきた。(中野先生は350人前後だから、まだまだ未熟です)

それに、外部での講師や治療依頼なども頂けるようになり、

おかげさまで充実して仕事させてもらえている。

これからアキュゾーン セラピーのみならず、鍼灸の世界でやっていく人には、

偉そうなことは言えないけど、

ほんのすこしだけアドバイスを送ると、

多くの学生さんや、いろんなセミナーに出て多くの鍼灸師さんと話して触れ合い感じたことは、

一つのことをやってみて、まだ習得しきれていないのに、他の治療方法を探しているなー

ってことかな。

マルチな才能がある人や、それで結果が出ている人はそれが正解でしょう。

でも、それで結果が出ていない人は、

やり方を変えた方が良いと思う。

このことは私だけではなくて、

以前、一緒に食事する機会をもらった積聚会の先生も同じことを言っていた。

「みんなさー、楽なやり方を探すんだよねー。一つのことが中途半端で、それを治療方法のせいにして、他の治療方法を探してぐるぐるしてる」って。

昔の自分みたい。

でも、鍼灸師になりたての人や、これから鍼灸師になる人は、ほとんどの人が迷っていて、当然そうなると思う。

だけど、

人を治すのに楽なんてことはない。

はっきり言ってしんどい事ばっかだし。

でもその先に楽しみがあるから、続けていられる。

一つのことを極めようとすると、

途方もなく感じるし、

たくさん出来ないで悔しい思いや、しんどい思い、何よりも患者さんに迷惑かける。

だけど、

そこで踏ん張って頑張らないと、

そのさきは見えて来ないと思う。

なんでもそうだけど、

楽して手に入れられるものなんて、

大したものじゃない。

しんどい思いして、

手に入れたものは、

大きな財産になると思ってる。

自転車だって、

最初はこけて擦り傷作って、ケガして、

それでも乗りたいから練習して、

乗れるようになるでしょ。

そして、

乗れたらそのあとは、

ずーっと乗れる、乗り方を忘れない。

鍼灸の技術もそれに近いものを感じる。

ただ、

ずーっと勉強し続けて、

患者さんと向き合っていく、

ってことが違いかな。

免許とって終わりじゃないってこと。

今まで自分は、

世の中の役に立てることなんて何もなかったし、

むしろ、迷惑をかけてばかりきたけど、

今は、

少しだけだけど、、

良いことができてる気がする。

もっと役に立てるように、

鍼灸師であるなら、

たくさん勉強していこう。

皆さんも一緒に、

頑張っていきましょう!


鍼灸ランキング

関連記事

  1. 頚肩腕症候群とは (首、肩、腕の痛みや痺れの原因とは ?)

  2. 10月の休診日

  3. アキュゾーン セラピー実技セミナー 3期

  4. アキュゾーン セラピー上達への道3

  5. 新年ご挨拶

  6. アキュゾーン セラピー実技セミナー

PAGE TOP