アキュゾーン セラピー実技セミナー 3期

アキュゾーン セラピー、第3期実技セミナーが始まっています。

初回の9/7は概論を行い、アキュゾーン セラピーを行う上での独自のルールや細かな取穴、触診の大切さなどを共有しました。

そして9/21の第2回目で早速実技へ。

第2回目はうつ伏せでの腰下肢治療をテーマに、触診するべき場所、取穴の場所を確認して実際にお互いにペアになって実技を行いました。実技では、触診する際の方向や強さ、取穴の際の細かな場所や角度・深さなどテキストでは伝わりきらない小さなことを共有しました。

アキュゾーン セラピーはテキストにも書いてある通り、シンプルで選択の余地がないからこそ、一つ一つの高い精度が求められる治療方法です。講師を務めさせていただいている私自身も、中野先生から認定を受けてはいるものの毎回の治療で学びや発見があり、治療の奥深さや難しさを体感しています。

その様な治療を極めていくには、やはり反復練習や一回の治療にどれだけ丁寧にやりきることが出来るかが、一つの積み重ねが将来的に大きな結果の差に繋がっていくことでしょう。

セミナー受講して頂いているみなさんの将来にとって、少しでもこのセミナーが有意義なものとなる様に、今後も良い内容となれる様に工夫していきます。

関連記事

  1. 7月の休診日

  2. 6月の休診日

  3. 湿疹・アトピー性皮膚炎について

  4. 頚肩腕症候群とは (首、肩、腕の痛みや痺れの原因とは ?)

  5. 無痛性甲状腺炎

  6. リベド症状のモニター募集

PAGE TOP