首肩こり:治療

症状

以前より首肩こりがある。いつも疲れてくると首肩がコルが、特に首の付け根の所が一番張ってくる。そこが張りすぎると呼吸がしにくくなり、息苦しい。今はそんな感じがある。

動作チェック

下向いたり、上向いたり首を様々な方向に動かすと、首の付け根の所に張り感が出る。

身体チェック

うつ伏せで今回はスタート。

まず最初に背骨から。

頚椎3、4、6、7番、胸椎1、2、5、6、9番。

以上に痛みがある。

次に首。

首の横の胸鎖乳突筋という筋肉の硬さをチェック。

左右ともに張っているが、特に左側の方が張っている。

次に肩まわり。

肩は右よりも左の方が明らかに張っている。ツボでいうと肩井付近。

次に肩甲骨まわり。

肩甲骨の内側は、左右ともに各3点ずつ痛みがある。

以上が痛みや張りが出ている箇所。

治療

まず最初に、

頭に1本。

これで最初に診た背骨の痛みがどのくらい改善したか確認。

頚椎、胸椎の痛みは全て取れる。

まずはこれでOK。

そして次に、

左右の腰に1本ずつ。

これで首や背中の張りを確認。

まずは首から。

首の横の胸鎖乳突筋は、右の硬さは取れたが、左の硬さが最初よりは改善したが、まだ残っている。程度としては半減くらい。

次に肩。

肩は右の張りは取れて相当に柔らかくなったが、左側はまだ完全に取れていない。こちらも半減程度。

次に肩甲骨。

肩甲骨の内側の左右の3点の痛みは両方とも全て取れる。

今時点で最初診た反応が取りきれていない所は、

左首の胸鎖乳突筋、

左肩の張り、

以上の2点。

そこで、再度左腰の針に刺激を加えたが、いまいち取りきれなかったので、

左手首に1本追加。

これで先ほど残った2点を再確認。

左首の胸鎖乳突筋の張りは取れて柔らかくなる。同時に左肩の張りもなくなり右と同じくらい相当に柔らかくなる。

これで全ての反応が取れたので、そのまま足を温めながら20分。

その後、針を取って起きて頂いて首肩まわりの感じを確認してもらう。

座って、首をいろんな方向に動かして、肩もぐるぐるまわして、、、

「あー、ずいぶん緩みましたね。楽になりました」

と言いながら、すーっと深呼吸して、

「呼吸してもだいぶ空気が胸に入るようになりましたね」

ということもおっしゃっていました。

ということで、今回は終わり。

考察

今回は首肩周りの症状でコリを取るためにうつ伏せから治療しました。これで治療後にはコリが取れて楽になりましたが、もし1週間経たないうちにまた戻ったり、張り感が強く出たらおそらく自律神経か内臓機能のどちらかか、あるいは両方に問題があるでしょう。

筋肉の硬さが原因で起こっているならば筋肉を緩めたので、しばらく楽な状態が維持できるはずです。これが自律神経や内臓機能に問題があるならば、そちらの根本原因を治していかないといけないので、もう2〜3回程度の治療は必要でしょう。

皆さんのしつこい肩こりも、治療してその場だけやすぐ戻ってしまう、といったような事でお悩みであれば、きっと自律神経の乱れか内臓機能の低下があるはずなので、そちらから治さないと首肩こりは一向に改善しませんよ。

お心当たりがあるようであれば、一度ご相談ください♪

関連記事

  1. 胃の痛み:治療

  2. 腰痛:治療

  3. 肩コリ:治療

  4. 膝の痛み:治療

  5. 頭痛(緊張型頭痛):治療

  6. 膝痛(変形性膝関節症):治療

PAGE TOP