めまい:治療

症状

今朝、急にふらっとめまいがして、しばらくその場で立てなくなった。以降、その時は辛かったが今では落ち着いているし何ともない。ただ、そのようなことがあったので不安になり一度診てもらおうと来院。

動作チェック

特に動作ではないし、今現在でもめまいが出ている訳ではないので、首や肩周りの硬さだけ自分で触って硬さを確認して頂く。

身体チェック

いっときのめまいだけで、耳鳴りや難聴、頭痛などは特にないし、首肩周りがガチガチに張っていたので、おそらく首肩の張りから来たのだろう。さらに、最近家庭のことで大きなストレスがあったというので、それも一因だと思い、それらも含めて、首肩周りとお腹をしっかり治したいので仰向けからスタート。

まずはお腹から。

胃、腎、膀胱、膵、脾、肝

以上に反応あり。

次に首。首をエリアごとに細かく分けて診ていくと、

後ろ:右・上から1、2、3、4番目。 左・上から2、4番目。

横:右・上から1、3番目。 左・上から2、3番目。

以上に痛みがある。

特に首の付け根の部分はより詳細に診察。

以上が反応や痛みが出ている箇所。

治療

まずは、

額に1本。

これでお腹の反応がどのくらい改善しているか確認。

胃、腎、膀胱

以上の反応が取れたので、第一段階はOK。

次に、

左右の足に1本ずつ針。

これで先ほど取れたお腹の反応以外の所を確認。

お腹は、

膵、肝

の反応が取れた。脾の反応だけ残る。

首は、左右の後ろの痛みが取れて、横は全体的にまだ痛みがある。

そこで、左足の針に再度刺激を加えてお腹の脾の反応をもう一度診ると、

まだ取れない。

今時点で残るのは、

お腹:脾

首:横の痛み

以上。

なので、

まずは左手首に1本。

これで脾の反応を確認。

まだ取れないし、首も柔らかくならない。

そこで、

左手首の針を取って、両手首に1本ずつに変更。

これで先ほど残っていた所を再確認。

お腹の脾の反応が取れる。

首の横の痛みも、左右ともに取れて柔らかくなる。

これで最初に診た反応は全て取れた。

そのまま足を温めながら20分。

その後、針を取って起きて頂いて、首肩の感じを確認。

座って自分で首や肩を触りながら、

「あー、すげー緩んだ〜。良いですね」

また、起きた時の感じも

「なんかこの辺が(首肩周り)スッキリしました」

ということで、今回の治療は終わり。

今後は1週間様子を観て、もしまためまいが出るようならば1週間後に来て治療。めまいが出ないで調子が良いならばそのまま様子を見てもらい、また辛い時や痛い時にご連絡頂くことにしました。

考察

今回はめまいでしたが、めまいの治療で重要なポイントは首の特に横側の硬さを取ることです。

首の横はストレスがかかったり免疫力が低下すると、顕著に硬くなってきます。そこで、その首の硬さを取ると身体はリラックス状態になって自律神経のバランスが整い、また、そのことにより免疫細胞が活性化するので免疫力も上がります。

めまいは特異的な病気でない限り、自律神経の乱れで起こります。それを整えてあげれば症状は消えるし最低でも軽くなります。今回は首の硬さがかなりあったので、相当に自律神経のバランスが乱れて結果としてめまいという形で出てしまったのでしょう。

なので、治療後はもう少し体をリラックスさせてくださいとお伝えしました。リラックスの仕方がわからない人は、運動や手足の温浴などを行うと自然とリラックス状態に持っていけますよ。ぜひお試しください♪

関連記事

  1. お腹の張り(生理痛):治療

  2. 肩こり:治療

  3. 首こりと背中の張り:治療

  4. 首の痛み:治療

  5. 膝の痛み:治療

  6. 首肩こり:治療

PAGE TOP