背中の痛み:治療

症状

最近重いものを持つ機会が多く、背中が痛い。特に、左の肩甲骨の内側付近に痛みを強く感じる。その他、左脇の下の方まで痛みが出るし左腕もだるい。

動作チェック

左腕をぐるぐる回すと、左肩甲骨の内側、左脇の下、左腕に痛みとだるさ。

身体チェック

胃の痛みもあったが、今回はとにかく背中の痛みを最優先して取りたいのでうつ伏せでスタート。

まずは背骨から。

頚椎6、7番。胸椎2、3、4、5、6、7、8、9、10番

以上に痛みがある。

次に肩甲骨。

左肩甲骨の内側を診ると、3点押すと痛い箇所がある。

左脇の下の方は、女性の患者さんなのでご自身で押して痛みを確認して頂く。すると、数箇所に痛みが出る。

次に首。首の横にある胸鎖乳突筋の痛みと硬さをチェック。

左に症状があり、右にはないので、左のみ確認。

胸鎖乳突筋はかなり張っていて、特に下の方が硬く痛みも強い。

以上が痛みが出ている場所。

治療

まずは、

頭に1本。

これで背骨の痛みがどのくらい改善したか確認。

頚椎、胸椎の痛みはほぼ取れて、今は胸椎の5、6、7番のみに若干痛みが残る。

そこで、頭の針に再度刺激を加えると、

胸椎の5、6、7番の痛みは取れて、これで背骨の痛みは全て取れる。

まずはこれでOKなので、

次に、

左腰に1本。

これで背骨以外の最初に痛かった場所の痛みを確認。

まずは肩甲骨から。

左肩甲骨内側の3点の痛みは全て取れる。

そのまま左脇下をご自身で触って頂くと、こちらも痛みが取れている。

次に左首の胸鎖乳突筋。

全体的に硬さは取れて、特に上の方は硬さと痛みは取れたけれども、下の方がまだ硬さと痛みが残る。

そこで、再度腰の針に刺激を加える。

これで胸鎖乳突筋の下を再確認。

それでもまだ取れない。

そこで、

左首に1本追加。

これで再度確認。

左首の胸鎖乳突筋の下の方の硬さと痛みが取れて、左右同じ柔らかさになる。

左腕もずいぶんと緩んで柔らかくなる。

そのまま15分寝て頂いて、その後針を取って起きて頂き、痛みの確認。

起きて腕をぐるぐる回すと、

「あ、背中は大丈夫です。腕も大丈夫。。まだ左脇下が少し残るかな」

ということで、左脇下の痛みを取るために、座ったまま、

左脇腹に1本。

これでもう一度動かしてもらう。

「あー、だいぶ良くなりました」

ただ、もう少し治りそう。

だから、もう少し脇腹の針に刺激を加えて、、、動きを確認。

腕をぐるぐる回しながら、

「あー、もうほとんど感じないです。大丈夫」

ということで、今回の治療は終わり。

考察

今回は背中の痛みでしたが、背中だけでなく脇の下といった横の方まで痛みが出ていたので、この場合の重要ポイントは背骨のため、しっかりと背骨の痛みを取りたかったのでうつ伏せで治療しました。

背中の痛みに加えて腕の痛み、脇の下の痛みが併発している方は、背骨の歪みがあることが多く、そこには痛みもほぼ必発して出ています。その痛みを取って歪みを治してあげると、背中の痛みや腕や脇の下の痛みもきちんと取れます。

もし同じような症状でお悩みであれば、ご自身で背骨を押してみてください。きっとピンポイントで他と明らかに押された感じが違う所があるはずですよ。

関連記事

  1. 背中の張り、腰痛:治療

  2. 足の張り:治療

  3. 腰痛(ギックリ腰):治療

  4. 背中と胸の痛み:治療

  5. 肩こり:治療

  6. 膝痛:治療

PAGE TOP