背中から肩のコリ:治療

症状

最近は以前にも増してよく体を動かしている。以前は週に1度程度だったのが現在は週に3〜4度運動しているのでそのせいか背中から肩にかけて結構張り感が強い。また、それが影響して体が歪んでいるのか左お尻も痛みが出る時がある。

動作チェック

肩甲骨を引き寄せるようにすると、両方の肩甲骨の内側に張り感が出る。

肩は腕をぐるぐるまわすと、肩の上に(肩上部)に張りが出る。

左お尻は、立ったまま左足をまわすと痛みが出る(股関節の内転、外転、屈曲、伸展)

身体チェック

お腹の症状は特になく、背中が一番辛い症状で、背中と肩、お尻の痛みと張りを取りたいのでうつ伏せでスタート。

まずは背骨から。

頚椎7番、胸椎1、2、3、6、7、8、9、11、12番、腰椎3、4、5番。

以上に痛みがある。

次に首。

首の横の胸鎖乳突筋は左右ともに張りがあるが、左のほうが張りが強く痛みは左だけ感じる。

そのまま肩へ。

肩(肩上部)も同様に左右ともに張り感があるが、左のほうが痛みも感じる。ここは左右押すと頭の方まで響く感じがする。

そのまま臀部へ。

左の仙骨のキワ2点、梨状筋2点、大転子3点

以上に痛みがあり、特に大転子の3点の痛みが他に比べて圧倒的にある。

治療

はじめに、

頭に1本。

これで先ほど確認した反応や痛みがあった箇所がどのくらい改善したか確認。

まずは背骨。

頚椎、胸椎、腰椎の痛みが全て取れる。ただ胸椎の6、7番が違和感が残る。

そこで、頭の針に再度刺激を加えると、

胸椎6、7番の痛みが取れる。

第一段階でここらの痛みが取れればOK。

次に、

両腰に1本ずつ。

これで背骨以外の反応があった所を確認。

まずは首。

首の横の胸鎖乳突筋は左右ともに張りがなくなり、左の痛みも違和感に変わる。

次に肩。

肩上部は左右ともに張りがなくなり、こちらも同様に左は痛みから違和感に変わる。

次にお尻。

左臀部は仙骨のキワ、梨状筋の痛みは取れた。ただ、大転子の痛みがまだ2点取れない。先ほどよりは痛みの程度は落ちている。

現時点で最初診た反応がまだ残っているのは、

左首の胸鎖乳突筋の違和感。

左肩上部の違和感。

左臀部の大転子の2点の痛み。

以上の3ポイント。

ということで、左腰の針にもう少し刺激を加える。

これで先ほど取りきれなかった3ポイントを再確認。

これでもまだあまり変化がない。

ということで、

左手首に1本追加。

これでまた確認。

左首の胸鎖乳突筋、左肩上部の違和感はなくなり、かなり柔らかくなる。頭まで響くような感じもなくなる。

次に臀部。

臀部の大転子の2点の痛みも取れる。

これで最初に診た痛みや張りがあった箇所は全て改善している。

そのまま足を温めながら15分。

その後針を取って起きて頂き、痛みと張りの確認。

立って肩甲骨を引き寄せたり、腕をまわしたりして、、、

「あー、かなり背中も肩も楽になりました。今は何も感じない」

ということで、次に左お尻の確認を。

左足をぐるぐるまわすと、まだ少し大転子付近に違和感が出るのだそう。

そこで、上向きになって頂いて、

左ソケイ部の痛みと張りを確認。

すると、左ソケイ靭帯が硬く、ソケイ部も真ん中から外にかけて痛みが出ていた。

なので、

左足に1本針をする。

これでソケイ部が改善したか確認。

ソケイ靭帯の硬さが取れて、ソケイ部も真ん中から外にかけての痛みも取れた。

なので針を取って、起きて頂いてまた左足をまわしもらう。

立って左足をぐるぐるまわしながら、

「あ、大丈夫です。ほんの少し違和感みたいなのはありますけど、全然気にならない程度」

ということで、今回の治療は終わり。

考察

背中の張りや肩の張りでもしつこい場合は内臓からの関連を考えなければなりませんが、一度の治療である程度8割方の痛みが取れれば、そこまで深く考えずに背骨や痛む箇所の周りの筋肉の硬さを取ることを二回目に行えばほぼ痛みと張りは取れます。

特に最近感じるのは、背骨の重要性。

背中の張りや首肩こり、腰痛など体の後ろ側の症状は、背骨の歪みや痛みが必ずと言って良いほどあります。その痛みさえきちんと取ることができれば、その他の症状は勝手に消えて治っていくことが多いです。

やはり背骨は体の真ん中部分ですから、真ん中が歪むとその他にも影響するのでしょう。皆さんも背骨を一つ一つ押していくと、他と違う明らかに痛むところがありませんか?そこさえ治ればきっと他も治りますよ♪

関連記事

  1. 膝痛(変形性膝関節症)続き:治療

  2. 背中の痛み:治療

  3. 肩の痛み(腱板損傷):治療

  4. 背中と胸の痛み:治療

  5. 腰痛:治療

  6. メニエール病:治療

PAGE TOP