首肩こり:治療

症状

首肩がいつも張っている。今日は特に首が辛く、首と頭の付け根の場所が一番辛い。肩こりもそこそこあるが、首に比べたらそこまで気にならない。とにかく首の付け根が嫌な感じがする。

動作チェック

上を向いたり下を向いたりすると、首の付け根に痛みが出る。

また、自分自身でも首を触ってもらうと、首が全体的にガチガチに張っているのを感じる。

身体チェック

首肩の張りに加えて、背中の肩甲骨の周りまで張っていること、腰痛も若干ではあるがあること、お腹の症状はあまりないことを考慮してうつ伏せからスタート。

まずは背骨から。

頚椎4、5、6、7番、胸椎2、3、5、6、7、8、9、10番、腰椎2、3番

以上に痛みがある。

次に首。

首の横にある胸鎖乳突筋という筋肉は、左右ともにかなり張っていて痛みも出る。また、首の付け根もかなりゴリゴリしている。

そのまま下って、肩甲骨周りを確認。

肩甲骨の内側に左右ともに痛みと張りがある。

以上、張りや痛みがあるところを確認。

治療

まずは、

頭に1本。

これで先ほど診たところが、どのくらい改善しているか確認。

背骨を診ると、

頚椎の3、4番がまだ残る。胸椎の6、7番もまだ残る。それ以外の場所は全て痛みは取れる。

そこで、頭の針に再度刺激を加えると、

頚椎の左側の3番の痛みはまだ残るが、胸椎の6、7番の痛みも取れる。

第一段階ではまずOK。

次に、

左右の腰に1本ずつ。

これで最初診たところを再確認。

首は、

左右の胸鎖乳突筋は共に柔らかくなり、押しても痛みは消える。

背中は、

左右の肩甲骨の内側も張りがなくなり、押しても痛みは出ない。

首の付け根のゴリゴリは左側だけまだ残っているが、右はなくなる。

今時点で、まだ痛みや張りが残るのは、

頚椎の左の3番、左首の付け根のゴリゴリ。

以上2点。

そこで、

左腰に1本。

これで先ほど残った2点の変化を確認。

頚椎の左の3番の痛みは消えて、左首の付け根のゴリゴリもなくなる。

これで最初にチェックした所は全て改善される。

そのまま20分寝て頂き、その後針を取って起きて頂き首の感じを確認。

「あー、かなり楽になりました。もう肩なんてほとんど感じません」

と言いながら、自分自身で首を結構な力で押してみると、

「まだ少し付け根が何となく違和感を感じるかも、、、」

ということなので、上向きで2〜3分首を指圧。

そして起きて頂いて再度確認すると、

「あ、大丈夫です。張りも取れました」

上を向いたり下を向いたりしながら確認して、張りが取れたのを確認。

さらに、自分で首を触りながら、

「あー、柔らかくなりましたね。硬さがない」

と、硬さが取れたのも実感。

自分自身で確認してもらえば、さらに効果を感じて頂けますね!

最後にこんなやり取り。

「今日はどこに針をしていたんですか?」

「今日使ったのは4本だけで、頭と腰の所にしました」

「へー、それでも首が柔らかくなるんですね〜」

「はい、首のツボは腰にあります。首が痛いからといって首を治療しても治るわけではないんですよ」

「そうなんだ〜。なんか不思議ですね」

「ツボの繋がりがありますから。でも硬さ取れてるでしょ?」

「はい、かなり良いです」

ということで、今回の治療は終わり。

考察

最後のやり取りにあったように、痛い所に必ずしも原因があるとは限りません。なので、痛い所だけを治療しても治らない場合は、違う所に原因がある可能性が高いです。それを見極めて、正確に治療しなければ、慢性化した症状や中々治らない症状は改善することはありません。

もしマッサージとか整体とか病院とか色々行っても改善しない症状をお持ちであれば、一度ご連絡下さい。大切なのは根本から治すことです。

関連記事

  1. 肩の痛み(腱板損傷):治療

  2. 指の痛み:治療

  3. 肩コリ:治療

  4. 腰痛:治療

  5. 足の指の力が入らない:治療

  6. 膝痛(変形性膝関節症):治療

PAGE TOP