首痛:治療

症状

7〜8年前に首を寝違えてからずっと、首を後ろに傾けて横に倒す時に痛みが出る。仕事はパソコン作業なので首肩こりはいつもある。腕に痺れが出たり力が入らないということはない。

動作チェック

首を後ろに倒して、左に傾けると(後屈+左側屈)左首に痛みが出る。腕への症状はなし。

その他の動きは問題ない。

身体チェック

主な症状は首で背中は特に痛くないこと、お腹の痛みがたまに出ることを考慮して上向きからスタート。

まずはお腹から。

胃、腎、子宮、膀胱、左卵巣、両大腸、膵、肝、胆

に反応あり。

次に首。首をエリアごとに分けて細かく診ていくと、

後ろ:右・上から1、2、3番。 左・上から1、2、3、4番。

横:右・なし。 左・上から2、3番。

以上に痛みがある。

さらにソケイ部を診ると、左右ともに硬さはある。

治療

まずは、

額に1本。

これで最初に診た所がどう変化したか確認。

お腹は胃、腎、子宮、膀胱の反応が取れる。

首も全体的に緩んで柔らかくなる。

次に、

左右の足に1本ずつ。

これで反応が取れなかった所を再度確認。

お腹は全ての反応が取れて全体的に柔らかくなる。

ソケイ部も硬さが取れて押し込むと指が入るようになり柔らかくなる。

首も右側は後ろと横の全ての痛みが取れた。左は後ろの上から2番目の痛みだけが残る。その他の痛みは取れた。

なので、

左足に1本追加。

これで左首の後ろの上から2番目の痛みを再確認。

痛みも取れて、随分と柔らかくなる。

これで最初に診た痛い所や反応点は全て取れたので、足を温めながら20分寝て頂いて、その後針を取って起きて頂き痛みの確認。

座って首を後ろに倒して左に傾けると、、、

「最初より良いけど、まだ左首が痛い」

ということで、どこが痛いのか聞くと、左首の後ろの上から3番目付近に痛みが出ている。

そこで、

座ったまま左手に1本針。

これで同じように首を動かしてもらうと、

「あ、痛くない!なくなった」

ということで、何回か同じ動きをしてもらい、痛みが出ないので今回は終わり。

考察

今回は首の痛みということでしたが、やはり首だけに問題があるわけではなく、お腹にも問題がありました。むしろ、首自体というよりは内臓機能の変調でお腹が硬くなって、首にも影響しているように思えました。

お腹の反応を一番最初に取って、お腹の反応が取れた時点で首を確認したら首の張りや痛みが取れていた事から首だけが原因ではないことがはっきりと分かりました。もし、首だけに問題があり痛みが出ている場合は、首だけ治療すれば問題なく痛みも取れるはずです。

しかしながら首だけマッサージしたり針をしたり電気をかけても一向に改善しない場合は、首だけではなく内臓や自律神経に問題がある可能性が高いです。そのような場合は、やはりそちらの真の原因から治療しないと改善しないでしょう。

なかなか治らないならば、もう一度考えてみて違う治療も取り入れてみてはいかがですか?

関連記事

  1. めまい:治療

  2. 首の痛み:治療

  3. 肩の痛み(腱板損傷):治療

  4. 足の親指(拇指)の痛みの分類

  5. 首肩こり:治療

  6. 首肩の痛み:治療

PAGE TOP