腰痛(分離症):治療

症状

今回はラグビー選手の治療。

以前から分離症を患っていて、練習で疲れがたまると腰が痛くなる。そのせいか足もとても張りやすい。下半身の筋トレを行った後ではかなり足も腰もパンパンに張って動きも悪くなる。

動きチェック

前屈、後屈で腰からモモ裏のハムストリングにかけて痛みが出る。特に後屈で痛みが強く、あまり可動域も出ない。

身体チェック

身体の後ろ側に症状が集中していて、お腹の症状は特にないことからうつ伏せでスタート。

まずは背骨から。

胸椎8、9、10番にかなり強い痛みがある。その他、胸椎11、12、腰椎1、2、3、4、5番に痛みがある。

臀部は仙骨のキワ、梨状筋、大転子のそれぞれに各3点ずつ痛みがある。これは左右共にある。

首は、横側の胸鎖乳突筋という筋肉が左右共に張りが強く痛みもあるが、特に右側の方が張っていて痛みも強い。

治療

まずは、

頭に1本。

これで先ほどチェックした場所が変化したか確認。

背骨の胸椎8、9、10番の痛みは取れる。また、その他の胸椎、腰椎の痛みも全て取れる。

さらに臀部や首も先ほどよりも緩んで柔らかくなる。

そこで、

左右の腰に針。

これで臀部を確認すると、痛みは左右共に取れて張りも取れて柔らかくなる。と同時にモモ裏のハムストリングスの硬さも随分と和らぐ。

首の横側の胸鎖乳突筋も確認すると、左右共に張りがなくなり痛みも消える。

そのまま5分寝て、その後針を取って起きて動きの確認。

前屈、後屈をすると、最初よりも可動域も出て痛みも減っているが、まだ完全に動きは回復してなく、少し腰に張り感も残る。ただ、背中の痛みはなくなる。

そこで、

上向きで、ソケイ部が硬いかどうか確認すると、

やはり左右共に硬さが出ていて、少し押すと痛みも出ている。

なので、

両足に1本ずつ針。

これでソケイ部を再確認すると、

左右共に柔らかくなり、押しても痛みは出なくなった。

そして針を取って、起きて動きの再確認。

前屈すると、

「あー、痛くない、大丈夫」

さらに、後屈をすると、可動域いっぱいまで反らしながら

「前屈が良くなると、反りも良くなる!」

と言いながら何度か前屈と後屈を繰り返して、痛みと可動域も回復したのでこれにて治療は終わり。

考察

ラグビー選手は中には内臓や自律神経が影響している選手もいますが、ほとんどの場合は日々のハードワークで疲れ切っていて痛みや張りが出るケースのようです。純粋に筋肉疲労なので、張っていたり痛みが出ている所とそれに関連する場所を緩めれば痛みや張りは改善していきます。

これは一般のスポーツ愛好家の方にも言えることで、体力があってスポーツ好きの方は、あまり内臓や自律神経が原因のケースは他ではあるのかも知れませんが当院ではほとんど診ません。皆さん筋肉疲労を取ってあげれば痛みも張りも動きも改善します。

やはり体を動かすということは、とても体にとって良いんでしょう。科学的にも良い影響があるとの論文が無数にあります。反対に体を動かして悪いケースはあまり無いように感じます。骨折や脱臼などのケガを除いては。

特に糖尿病など代謝疾患の人はどんどん運動を行うと良いでしょう。糖尿病は低血糖にだけ気を付けていれば適度な運動を毎日行うことで血糖コントロールが飛躍的に改善して中には病気も治ってしまう人もいるみたいです。

運動が苦手な人は、散歩しながらその日の空気や香り、太陽の暖かさなど普段意識しないと感じることができない自然のものを感じ取るようにすると楽しくなりますよ♪

関連記事

  1. 肩の痛み(五十肩):治療

  2. 背中の張り、首肩こり:治療

  3. 頭痛(後頭部の痛み):治療

  4. 首の痛み:治療

  5. 腰痛、肩の痛み:治療

  6. 頭痛、背中の張り:治療

PAGE TOP