腰痛、股関節の痛み(鼠径部痛):治療

1週間前に何となく右の股関節(鼠径部)〜右腰にかけて痛くなった。以降、痛みは様子をみていたが全然引かず、昨日になってやっと引いて今日は痛くはない。ただ、足を上げたり回したりすると何となく違和感は出る。

動きを診てみると、モモ上げをすると右股関節(鼠径部)〜右腰に違和感が出て、右足に体重を全部かけても同じ場所に痛みが出る。

その他は左にも腰痛の症状もあって、特にお腹の調子は悪くないということだったので、うつ伏せから治療スタート。

まずはどこが悪いか確認。

胸椎6、7番〜12番まで全て痛みがあり、腰椎も1、2、3、4、5番全てに痛みがある。

お尻は、右は仙骨のキワ、梨状筋、大転子周りにそれぞれ3〜4点ずつ痛みがある。左も同じ場所に痛みはあるが、それぞれ2点ずつくらい。

首は横にある胸鎖乳突筋という筋肉が左右共にとても張っていて痛みも出ている。肩の上もかなりこっている。

以上を踏まえて、

まずは頭に1本針。

これで再度先ほど痛かった場所が変わったか確認。

胸椎と腰椎の痛みは全て取れて、お尻も首もかなり柔らかくなる。

次に、

右腰に1本。

これで先ほど残った場所を確認すると、

右のお尻の痛みは全て取れて柔らかくなる。左のお尻は梨状筋と大転子の場所に2点痛みが残る。

首は左右共に痛みも張りも取れる。

なので、

今度は左腰にも針。

ここまでで計3本の針を使用。

これで左のお尻を再確認。

痛みは全て取れて、これで最初にチェックした痛かったところは全て痛みと張りがなくなった。

そのまま15分寝て頂いて、その後針を取って起きて頂いて動きの確認。

モモ上げでは違和感はなくなった。ただ、右足に全体重をかけた時に右の股関節(鼠径部)に痛みが出るとのこと。

なので上向きになって頂き、鼠径部の確認。

右の鼠径部を押すとかなり痛む。細かく診ると鼠径靭帯は硬いし痛みも出る。鼠径部は肝、脾、胃のエリアで痛みが出ている。

ということで、

右足に1本針。

これでもう1度鼠径部を確認すると、

鼠径靭帯の硬さが取れて押しても痛くない。鼠径部も肝、脾、胃エリアを押しても痛みはなく緩んでいる。

そして針を取って起きて頂き、もう一度右足に体重をかけてもらうと、、、

「あー、痛くない!全然違う。前は全然痛くない。」

と言いつつ、何度か体重をかけていると、

「なんだか少し痛みが下に落ちたのかな?ここ(鼠径部)よりも足の付け根の近くが痛いかも」

ということなので、

座ったまま

右脇腹に1本針。

これで同じように体重をかけてもらうと、

「あ!痛くない、大丈夫だわ!」

ということで今回の治療は終わり。

右の股関節(鼠径部)の痛みが腰回りを完璧に緩めても残ったので、そのような場合は肝臓が原因のことが多いためにお酒を沢山飲んだり薬を変えたりしましたか?と聞いたところ、痛みが出る前の週に飲み会が3回も入って結構飲んだということでした。なので、今回のケースは筋肉の硬さだけでなく、肝臓の疲れからも痛みが飛んできているケースでした。

このことは背中の張り具合でもある程度は分かります。やはり体は正直なもので、どれだけ自分自身で大丈夫と思っていても体に無理があればしっかりとサインが出てくるんです。

皆さんの治らない症状も、どこか違う場所からのサインかもしれませんよ?!

関連記事

  1. 頭痛:治療

  2. 背中の痛み・腫れ:治療

  3. 朝食を抜いた結果

  4. 首痛、背中の痛み:治療

  5. 胃の痛み:治療

  6. 腰痛(脊柱管狭窄症):治療

PAGE TOP