腰痛(坐骨神経痛):治療

ここ1週間、腰痛に加えてお尻の辺りも痛く、骨盤が歪んでいる様な変な感じがしている。ずっと座っていると腰からお尻にかけて痛くなったり重たくなる。ただ、足への症状は特にない。ヘルニアや分離症も持っていない。

ということで、まずは動きから診ることに。

座った状態で前屈したり後屈すると、腰とお尻に違和感と痛みが出る。それ以外では特にこれと言った痛みが出たり違和感が出る動作はない。

その他肩こりや首もこるとのこと、お腹の調子は特に悪くないとのことなので、うつ伏せからどこが悪いのか確認。

まずは背骨を診ていくと、胸椎7、8、9、10、11番、腰椎は2、3、4、5番、まで痛みが出る。

次にお尻をチェック。仙骨のキワ、梨状筋、大転子のキワに左右それぞれ各3点ずつ痛みがある。

首は横にある胸鎖乳突筋が左側だけがとても張っている。また、左の胸椎7〜腰椎2番レベルの起立筋が張って盛り上がっている。

以上を踏まえて、

まずは頭に針。

これで背骨の痛みを再チェック。

胸椎、腰椎の痛みは全て取れて、お尻の硬さや首の硬さも和らぐ。

次に、

両腰に1本ずつ針。

これでお尻、首、背中の筋肉の盛り上がりを再チェック。

お尻は左右ともに痛みは全て取れてかなり緩む。左首の胸鎖乳突筋の痛みと張りも取れてほぼ左右同じになる。若干左の方が張っている感じはある。

左背中の筋肉の盛り上がりも最初よりはヘコむが、まだ少しある。ただ、痛みはない。

そこで、うつ伏せのまま左腕を上げるか下げるかどちらが楽なのか聞くと、上げている方が楽というので、

左手首に1本。ここまでで使用した針は計4本。

これで左首と背中を確認。

左首は左右で柔らかさが同じになり、背中の盛り上がりもなくなり、左右同じ高さに。

そのまま15分寝て頂いて、その後針を取って起きてもらい動きの確認。

だいぶ痛みと張り感、さらに骨盤の歪んでいる感じは取れて相当楽になったと言うが、

「まだ少しここ(左腰の仙腸関節付近)に違和感がある。痛みはないけどね。でもお尻は全然痛くない!」

ということなので、上向きでソケイ部をチェックすると、

ソケイ靭帯が少し硬く、ソケイ部も脾や肝エリアに痛みが出ていた。

そこで、

左足に1本針をすると、

ソケイ靭帯の硬さが取れて、ソケイ部の痛みも取れる。

そこで針を取って、もう一度起きて動きの確認。

座って前屈したり、後屈したり、骨盤をクイッと動かしたりして、、、

「あー、全然痛くない。違和感もなーい。肩も全然楽だし、すごく楽になった〜」

ということで今回の治療は終わり。

最近嫌なことも結構あったのと、仕事も忙しくて何かと休む時間も取れなかったのが影響したのか、背中の盛り上がりはストレスと消化器系の反応の結果でした。これはよく関連することで、ストレスがかかると胃が痛くなったり便秘したりすることも良くあると思いますが、今回のケースでもストレスがかかり、消化器系にも影響が出たものと思われます。

今回はストレスしか自覚はありませんでしたが、もう1週間もすると胃の不調などが出ていただろうと思われるので、良いタイミングで治療をすることが出来て、また改善して良かったです。

皆さんにも当てはまりますが、自覚がなくても体はちゃんと硬さを出したり筋肉を盛り上がらせたり、痛みを出したりとSOSのサインを送ってくれていいるんですよ。それをしっかりと聞いてあげて、ケアしていくことが大切です。しかも、体は少し素直でないので、内臓からのサインを腰痛や背中の張りとして出すこともかなりありますので、そこも見極めが大切です。言うならば思春期の子供的な?!

関連記事

  1. 体調不良:治療

  2. 片頭痛:治療

  3. 魚介でうつ病のリスクが減る?!!

  4. 腰痛:治療

  5. 肩こり:治療

  6. 首痛(寝違え):治療

PAGE TOP