首痛:治療

今回はラグビー選手の治療から。

数日前に左からタックルを受けた際に、右の首を痛めた。痛みが引かずに、右首がずっと痛み動かす事も辛い。

まずは動きの確認から。首の前屈、後屈で右首に痛みが出る。また、左を向いても右の首が痛く、可動域も全然ない。他には、仰向けに寝る時に首を枕につける直前と、起き上がる時に枕から首を上げる際に痛みが出る。

右首のピンポイントの痛みで、特に肩甲骨や背中には張りや痛みがないとのことで上向きでチェック。

右首は細かく見ていくと、

後ろ:上から1、2、4番目。

横:1、2、3番目。

に痛みが出ている。

お腹は肝臓と胆のうの反応はなし。

そこで、

まずは右眉頭に1本針。

これで首を再度確認。

痛みは全体的に半減くらい。この時点で首を自力で上げてもらうと、痛みは最初よりも楽になっている。

次に、

右足に1本追加。

これで再び首を確認。

痛みはかなり軽減。現在痛みが残る場所は、

横:上から1、2番目。

自力で上げて痛みをチェックすると、先ほどよりもさらに痛みのレベルは低下。

次に、

右手首に1本追加。

これでまた首をチェック。

横の痛みは取れて、全体がかなり緩む。

そのまま5分置いて、その後針を抜いて起きて頂き動きと痛みの確認。

起きる時に若干の痛みはあったがかなり楽になる。動きは前屈、後屈共に痛みが出なくなる。

ただ、左を向いた時にまだ可動域が完全でない事と、右の頚椎5番付近に痛みを感じるとの事。

そこで、座ったまま、腕の付け根をマッサージ。ツボでいうと肩貞付近。筋肉的には三角筋後部を中心に大円・小円筋、三頭筋を中心に。

付け根が緩んだ時点で、再び左を向いてもらう。

すっと向けるようになり、可動域は回復。右向くのと左向くので差はなくなる。また、痛みも前屈、後屈、左右振り向き全てで痛みはなし。

これにて解決。

ラグビーやアメフト、ボクシングなどの体同士がぶつかる競技では衝撃を受けた側の反対に力が抜けるので痛みが出ることが多いです。私もアメフト経験者ですが、左でタックルにいって変な入り方をした時にはよく右の首を痛めたものです。さらに、ラグビー、アメフトは首を酷使するので、首のアライメントや筋肉の状態が悪いことが多く、練習や試合以外の日常でもちょっとしたことで痛めることもしばしば。

首はきちんとケアして大切にしなければなりませんね。現役を数年前に退いた私自身が痛感しています。今は痛みが出ないようにトレーニングして筋力を保っていますが、少しサボるとテキメンに首が痛くなるし、回らなくなります。

首は筋トレと温めることで良い状態がキープできます。たったそれだけです♪もちろん、自分でケア出来る範囲外の部分は治療しないと治りませんが。

関連記事

  1. 首の痛み:治療

  2. 頭痛:治療

  3. 腰痛、背中の張り:治療

  4. 体調不良:治療

  5. ギックリ腰:治療

  6. 頚椎ヘルニア:治療

PAGE TOP