腰痛:治療

1週間前に腰が痛くなった。今までは仕事や家庭での事が忙しくなると、腰が痛くなることもあったが大抵は肩や首がこって痛くなり、腰はそこまで気になることはなかった。今回は首や肩はそこまで気にならずに、とにかく腰が痛いような重たいような変な感じがする。

動き的にはひねりの動作で左腰に痛みが出る。

そこでまずはどこが痛むのかチェック。

うつ伏せになって頂いて、まずは背骨から。胸椎の11、12番、腰椎の5番〜仙骨上にかけて痛みがある。腰部は左右共に張っているが右に比べて左のほうが明らかに筋肉が張って盛り上がっている。臀部も左の方が中臀筋を中心に張っていて押すと痛みも出ている。ハムストリングも左右共に張っている。

以上を考慮してまずは、

頭と両腰に針をして、先ほど痛かったところを再度確認。

胸椎と腰椎、仙骨の痛みは取れて、臀部や腰部の張りも痛みも取れる。ただ、まだ左腰の筋肉の盛り上がりはあるので、

左足に1本追加。ここまでで針は計4本。

これで先ほど診た左腰の盛り上がりと張りを再確認。

盛り上がりはなくなり、押しても柔らかく痛みも出ない。

そのまま足を温めながら20分。

20分後に針を抜いて、ハムストリングを中心に臀部と腰部を軽くマッサージして、次は仰向けでソケイ部の確認。

ソケイ部を診ていくと、右はそこまで痛みは出ないが、左は明らかに強い痛みを感じる。体もソケイ部を押し込むとすぐに痛みのために避けてしまう。

なので、

左脇腹に1本針。

これで再度確認すると、

痛みは最初に比べて半減程度。なので、再度針に刺激を加えてもう一度確認すると、、、

まだ5割くらいは痛みが残る。

そこで、

左足に1本針を追加。

これでまたソケイ部を押してみると、、、

随分と柔らかくなり押し込めるようになった。痛みも出ない。

そして針を抜いて、起きて頂いて、腰の状態を確認。

ぐっとひねったり、立って前屈したりしても

「あー痛くない。軽くなったー。盛り上がりもへこみましたね!」

ということで今回の治療はこれで終わり。

筋肉も張りすぎるとたまに盛り上がることがあります。ただ、このケースでは筋肉の盛り上がりは内臓関係から(特に腎機能)きているように思えました。筋肉を使いすぎて張ってくる感じとは明らかに違かったためです。それを踏まえて治療をしたところ、盛り上がりはなくなりました。

腎機能低下の原因としては、最近では一気に気温も落ちたため冷えからくるもの、さらに心配事やイライラごとなどの精神的なストレス、疲れ、塩分の過剰摂取、など様々な要因があります。もともと腎機能が強くない人にこれらの外的要因が加わると何かしらの不調や痛みが体に出てきます。特に腰痛や頭痛、更年期障害といった形が多いです。

腰痛でもマッサージして筋肉をほぐしても改善しない際は、自分の体を違う視点から原因を探ってみてはいかがでしょうか?意外なことが原因の事って結構ありますよ。

関連記事

  1. めまい:治療

  2. 首痛(寝違え):治療

  3. 足の張り:治療

  4. 首の痛み:治療

  5. 腰痛:治療

  6. 股関節痛:治療

PAGE TOP