背中の張り・足がつる、続き:治療

昨日、背中の張りと足が毎日つるとのことで見えた患者さんの治療の続き。

昨日治療の後、都心まで用事があり出掛けてかなりの距離を歩いたが足は全くつらなかった。自宅に帰ってもつることはなく、今日に至るまでは大丈夫だった。肩や背中もかなり楽になっていて、自覚的には結構良い感じとのこと。

まずはうつ伏せで背中周りと足の状態のチェック。

背中は、胸椎1〜5、6番目まで痛みがあり、同じレベルの起立筋も張っていて痛みがあるが昨日とは比較にならないくらい柔らかい。肩も(ツボでいうと肩井)昨日よりも全然柔らかい。足に関しては、ふくらはぎが右の方が左に比べると張っているが、背中同様昨日よりもかなり良い。

そこで、

頭と両腰に3本針をして、先ほどの場所は再確認。

肩のコリも取れて、背中の張りも痛みも取れて、胸椎の痛みも取れる。首の後ろがやや張っている感じがあるし、ふくらはぎもまだ張っているので、

左右の足に針。ここまでで針は計5本。

これで再度確認すると、

首の後ろの張りは取れて、ふくらはぎも柔らかくなり左右差がほとんどなくなる。

そのまま足を温めて15分。

15分後、針を抜いてふくらはぎを中心に足を全体的にマッサージ。背中も全体的に軽くマッサージ。

次に上向きになって頂いて、

ソケイ部をチェック。

ソケイ部は左右共に痛みは出ていて硬いが、左の方が痛みが強い。

なので、

左右のわき腹に針をする。

これで再度ソケイ部の確認。

左右共に痛みはなくなるし、硬さもなくなる。

足を診ていくと、若干ではあるが左足のモモ前が右に比べて硬いように感じたので(本人の自覚はない)、

左足に1本追加。

これで再度確認すると、左右同じ柔らかさになった。

そして針を抜いて、起きて頂き確認。

「あー、温まった。楽になりました。サッパリしました」

これにて今回の治療は終わり。

前回と今回の2回の治療でかなり状態が回復して自覚的にも楽になり、足がつるのも一度もなかったのでこれで今後はご自身で経過を観て頂き、また辛くなりそうな時に来て頂くことにしました。また、足がつる頻度が高くなってきた場合も体のSOSのサインなのですぐに来て頂くことをお伝えしました。

今回は足がずっとつっていたのに、一度の治療でかなりの距離を歩いたにも関わらず一度もつらなかった、というのが印象的でした。特にご高齢なのでもう少し状態が良くなるまであと1週間くらい時間がかかるかなと思っていましたが、2〜3日で良くなりました。お仕事も現役でされているので、もともと持っている体力も強いのでしょう。そのような方は年齢に関係なく、治りも早いので良いことです。

皆さんもただ単に寿命を伸ばすのではなくて、「健康寿命」を伸ばしていきましょう!

関連記事

  1. 腰痛(往診):治療

  2. 腰痛(分離症):治療

  3. 腰痛(仙腸関節痛):治療

  4. 肩関節の痛み:治療

  5. 背中の痛み:治療

  6. 朝食を抜いた結果

PAGE TOP