腰痛(坐骨神経痛):治療

仕事の内容は運搬で重たいものを移動させる作業が多く、腰痛が常に出ている。昔から腰痛持ちだが、最近は一気に気温が低くなりそのせいか腰痛がひどくなってきた。さらに、この1週間では右のお尻からもも裏にかけても痛みが出るようになってきた。寒さのせいで肩をすくめることも多く、肩こりもある。

まずは動きを診ると、前屈で腰部が全体的に痛く、さらに右のお尻(中臀筋の部分)に痛みが出る。後屈でも痛みが出て、その他ひねりや傾けでも張り感は出る。朝起きた時が一番固まっていて痛いらしい。洗顔やうがいでも痛みが出るとのこと。ただ、特に足の親指やかかとの力の入り具合を診るとヘルニアはなさそう。

うつ伏せで痛み箇所をチェック。

腰椎は全て痛みが出ていて、仙骨上まで全て痛む。腰部は腰椎2番レベルの起立筋を中心に全てに張りが出ていて、特に右側は硬いしこりの様なものが2点ある。お尻は右の中臀筋を押すと広範囲で圧痛があり、梨状筋では特に圧痛はない。ももの付け根の坐骨結節を押しても圧痛はない。左のお尻も右ほどではないが、張っていて痛みも出る。右のハムストリングは左に比べると明らかに張っている。

以上を踏まえて、

頭と両腰に計3本針をする。

これで先ほどの痛む場所が変わったか確認。

腰椎は3〜5番の痛みは残るが他は大丈夫。左右の臀部も圧痛が消える。腰部に関しては右の腰椎2番付近の硬いしこりがまだ残る。右のハムストリングもまだ張っている。肩は緩む。

そこで、頭の針に再度刺激を加えて、もう一度腰椎のチェック。痛みはゼロではないが、2割程度まで落ちる。

次に、

右の足に1本針を追加。

これで先ほど残った場所を確認すると、

右の腰椎2番付近のしこりは小さくなり、ハムストリングも張りがとれて緩む。

そのまま足を温めて20分。

その後針を抜いて、ハムストリングの付け根の坐骨結節周りとハムストリングを全体的に軽くマッサージ。

次に仰向けになって頂いて、右のソケイ部のチェック。

押し込むとかなり痛みが出る。左右での差はかなりある。

そこで、

右の脇腹に針を1本。

これで再度押し込むと、かなり押せる様になったが、奥の方で少し痛みを感じるとのこと。

なので、

右足に1本追加。

これで再度ソケイ部押し込むと、痛みがなく左右で押しても差はなく同じになった。

そして針を抜いて、起きて頂き動きの確認。

座って前屈したり後屈したり、ひねったり、傾けたり、、、

次に立って前屈して、後屈して、、、

「あ、かなり良いです!」

さらに、

「いつもは後屈の特に辛くて膝を曲げながらするんですが、今は膝曲げなくても後ろに行きます」

と。

これにて今回の治療は終わり。良かったです、一安心。

これからますます冷えが強くなっていきますので、冷えに弱い方はドラッグストアなどで貼るカイロを買って低温やけどだけ注意しながら常に患部を温めてください。また、下半身を中心とした運動で熱を作り出す力もつけて健康的に冷えの対策を行いましょう♪

関連記事

  1. 背中から肩のコリ:治療

  2. 肩関節の痛み:治療

  3. 膝と股関節の痛み:治療

  4. 腰痛(脊柱管狭窄症):治療

  5. ギックリ腰:治療

  6. かかとの痛み(骨棘):治療

PAGE TOP