腰痛(脊柱管狭窄症):治療

約10年前に腰痛がひどくなり、整形外科を受診し脊柱管狭窄症と診断された。以降、近所の整骨院に通っていたが痛みや痺れが取れることはなく、気休め程度で通っていた。友人からの紹介で当院の話を聞いて、治るかもと思い当院を受診。

症状は右のお尻からもも裏にかけての痺れ。腰痛はほとんどなく、痺れが一番の症状。左側はほとんど何ともない。仕事で子供を抱いたり、プライベートで体を動かしたりすると、痺れが強くなる。

まずは動きから診ていくと、後屈で右のお尻からもも裏にかけてビーンと痺れが出て同時に突っ張った感じも出る。前屈や傾けなどでは特に問題ない。体をひねると、左の股関節もやや違和感がある程度。

そこで、うつ伏せで原因を探っていく。

腰椎の3、4、5番に強い圧痛あり。お尻は梨状筋に最も痛みを感じて硬く、その他中臀筋も圧痛が出る。骨盤付近の仙腸関節は右側だけ2点圧痛がある。もも裏は右側だけ押すと強い痛みがある。左に関しては中臀筋を中心としたお尻の張り感くらい。

そこで、

頭と両腰に3本針をして、先ほど痛かった場所を再チェック。

腰椎の痛みは取れる。左右の臀部の痛みも取れる。右のもも裏の痛みはやや残るくらい。全体的には8割取れている。

次に、

右の腰に1本針を追加。

これでもも裏を再度押していくと、痛みは出ない。

「あれー?さっきより緩くなったよね?えー不思議ー」

と。

そのまま15分寝て頂いて、その後起きて頂き、治療前と同じように腰を動かしてもらう。

後屈しても、ひねっても

「痛くない。今は全然痛くない!」

と言いながら何度もグーッと反らしたりひねったりしていました。

ただ、趣味が体を結構ハードに動かすことなので、その時にどうかということもあるので、今までと同じように運動してどうなったかを次回にお伝えしていただくことで今日の治療は終わり。

脊柱管狭窄症で痺れが強かったり、痛みで悩んでいる方も、もういいやとなる前にセカンドオピニオン、あるいは人によってはサードオピニオンになるかもしれませんが、受けてみてはいかがでしょうか?症状の程度によっては厳しいものもあると思いますが、それでも現状よりは改善させられると思います。また、手術が必要なのかどうかも、個人個人のライフスタイルによって異なるし、症状によっても異なるので、そういう事でもお悩みならば一度ご相談ください♪

もし、あなたに頼れる先生がいるならばしっかりと今後のことを話し合ってみると良いと思いますよ。

関連記事

  1. 足の指の力が入らない:治療

  2. 首肩こり:治療

  3. 肩の痛み(腱板損傷):治療

  4. 肩甲骨周りの痛み:治療

  5. 足の張り:治療

  6. 足の親指(拇指)の痛みの分類

PAGE TOP