頭痛:治療

ここ1週間、頭痛が止まらず薬を飲んでも軽減することもなかった。もともと頭痛持ちで体調が悪い時や疲れている時、天気が悪い時など環境によっても頭痛が出てくる。今回は仕事や家での事での疲れが大いにあり、それで出たのではないかと思っている。ホットフラッシュも同時に頻度が多くなっている。気温が15°くらいしかない時でもホットフラッシュが出ると汗が止まらない。

まずは頭痛の性質と出ている場所を確認。性質は全体的に締め付けられるような痛みで、場所は全体的に出ているが特に左の側頭部と両方の後頭部に出ている。

そして内臓の状態から確認。

内臓は

・胃、腎、左卵巣、大腸、脾、肝

上記に反応あり。

首は後ろと横に分けて、さらにそれぞれ細かく診ていくと、

後ろ:右・上から1、2、4番目。 左・上から1、2、4番目。

横:右・上から1、2、3番目。 左・上から1、2、3番目。

上記に反応あり。さらに足もとても冷えている。

以上を踏まえて、上向きで

額と両足に計3本針をして、先ほどの反応が出ていた所を再確認。

内臓は、

・腎、左卵巣

首は、

後ろ:右・上から1番目。 左・上から1、2番目。

横:右・上から1、2番目。 左・上から1、2、3番目。

上記の反応がまだ残る。それ以外は取れている。

そこで次に、

両足に2本追加。

これで内臓を診ると、先ほど残っていた腎と左卵巣の反応が取れる。お腹もだいぶ柔らかくなる。

首は右の反応は全て消えたが、左の上から1番目と横の上から1、2番目の反応がまだ取れないので、

左手首に1本追加。

これで再度先ほど残っていた反応を再確認。

左の首の反応は全て取れる。頭痛も落ち着いてきたと本人が言っている。

そのまま足を温めながら20分寝て頂き、リラックス。

20分後、針を取って頭痛を尋ねると、だいぶ落ち着いて楽になっているみたいだが、まだ完璧には取れていないとのこと。

なので、次にうつ伏せになって頂き、首の後ろの左側を再度細かく診ていくと、

左の頚椎の3or4番付近にシコリみたいな硬いものを発見。仰向けでは無かったが、体位を変えてうつ伏せになると新たな反応が見つかる事もあるので、うつ伏せも診て良かった。

そこで、

左腰に1本針をすると、先ほどの左頚椎の硬いものがほぼ消える。

これで針を取って起きて頂き、現在の症状を確認してもらう。

「頭痛は全くない!おさまった!首もちょースッキリしてる!」

良かった、と思っていたら、

「腰が起き上がる時に少し痛かったかも」

あれ?腰か。。と思いながら、どこがどう痛むのか聞いて、

座ったまま両足に1本ずつ針をすると、

「あー、軽くなった。なんでー?」

ということだったので、今回はこれにてOK。

頭痛は体調、特に内臓の機能低下から来ていて、頚椎のズレも2割くらい要因があったと思われます。頭痛は完璧に良くなりましたが、腰痛はまだ2割くらい残る感じ。ただ、これは更年期症状のホットフラッシュの影響によるものなので、もうあと1〜2回の治療が必要です。そうすれば腰痛も綺麗に取れます。

このケースのように、頭痛や腰痛、肩こりなど体の症状がある所が必ずしも悪いとは限りません。症状は木でいうと枝葉のようなもので、あまり体的には重要でなく、本当の原因である自律神経や内臓機能などの木でいう幹の部分がとても大切になります。幹の部分をきちんと治療して改善していかないと、いくら枝葉をいじってもすぐに再発するし、症状自体も良くなりません。枝葉に行く栄養分は全て幹から供給されますからね、体も同じです。

ずっと不調で悩んでいるならば、セカンドオピニオンが必要かもしれません。自分の体は大切にしてくださいね!

体も命も人生も1個だけですから♪

関連記事

  1. 腰痛(仙腸関節痛):治療

  2. 腰痛(ギックリ腰):治療

  3. 背中の張り、足がつる:治療

  4. 腰痛:治療

  5. 腕のだるさ:治療

  6. 腰痛:治療

PAGE TOP