腰痛:治療

いつもは右のお尻〜ハムストリングにかけて痺れが出ていたのだが、少し動きすぎたせいか左の腰が今日は痛い。仕事中も車の運転中もずっと痛かった。

まずは動きを診ると、前屈や後屈、ひねり、左に倒す動作で左腰に痛みが再現される。特に足やお尻への痺れなどは出ない。

うつ伏せで背骨から確認。

腰椎の2番付近から5番、さらに仙骨上や仙腸関節に強い痛みがあり、臀部は左右ともに張りと痛みが有り。左の腰部は特に腸骨に沿って痛みが強く出ている。(起立筋の付着部に最も強い圧痛あり)

そこで、

頭と両腰に3本針をして再確認。

先ほど痛みがあった場所は広範囲で改善されて、現時点では左の仙腸関節に痛みが残るくらい。

そこで、左の腰の針に少し刺激を加えて再度確認。

これで左の仙腸関節の痛みは取れる。そのまま15分リラックスして頂き、その後起きて再確認。

かなり改善されて、痛みと可動域が回復して、来院時よりもかなり良さそう。ただ、まだ重たいような奥の方が疼くような痛みを感じるとのことで、次は仰向けで。

お腹を診ていくと、胃、腎に反応あり。さらに左のソケイ部にもまだ強い圧痛があった。

そこで、

額と左足に針を3本追加して、再確認。

これでお腹の反応とソケイ部の痛みが取れる。体も冷えていたため、赤外線で温めながら10分そのまま。その後、もう一度起きて頂いて、動きの確認。

「あー、痛くない。大丈夫。でもまた痛くなるのかな〜。。。」

「今は痛みはどんな動きをしてもないんですか?」

「うん、今は大丈夫。痛くないよ!」

という感じだったので、一週間経過観察で今回は終わり。

今回のケースは内臓系が深く絡んでいたので、おそらくまたちょっとした痛みや重さは出てくると思います。

これを完璧に治すには、自分自身では何よりも体を温めること。治療では、内臓の機能を回復させて、体内の不要な水分を排出させるために主に腎機能の回復をはかることが重要です。これが回復すれば痛みも重さもまず出ることはないはず。

しつこい腰痛や奥が疼くような腰痛は、たいていの場合は腎機能の低下による体内の老廃物の溜まりすぎと冷えに起因します。腰自体に問題がある場合はあまりなく、ここが原因で痛みが出ていることが圧倒的に多いです。特にこの時期は、夏の暑い時に冷たいものや水分を過剰に摂り過ぎた結果としてよく痛みを引き起こしますので、自分の腰痛と当てはまるようならばきちんと治療して腎機能を回復させる必要がありますよ。

関連記事

  1. 腰痛(脊柱管狭窄症):治療

  2. 肩コリ:治療

  3. メニエール病:治療

  4. 首肩こり:治療

  5. 首痛:治療

  6. 腰痛(坐骨神経痛):治療

PAGE TOP