腰痛(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア):治療

椎間板ヘルニアと診断されたケース。

一ヶ月前より腰部が痛くなり、そのうち治ると思って放置していた。すると、徐々に仕事で座っていると左足が痺れるようになってきた。結構痛みが強くなってきたので、整形外科を受診したところL4-5番に軽度の椎間板ヘルニアがあると診断された。以降、特に治療をしていなかったが友人の紹介を受けて当院を受診。

まずは動きから診てみると、もともと体は硬いらしくあまり動きは出ない感じ。ただ、前屈と両側屈で他の動作よりも硬さや違和感を感じるとのこと。

次はうつ伏せで腰部からチェック。

腰椎は2番から5番まで痛みがある。腰部はそれなりに張っている。左の臀部もチェックすると、中臀筋、梨状筋にかなりの痛みと張りがある。そのまま足もチェック。ハムストリングの張りがあり、同時に押すと痛みもある。足の痺れはモモ裏に出て、横や前側は出なく、膝までだという。

そこで、

頭と左腰に計2本針。

これで先ほど痛かった腰椎、腰部、臀部、ハムストリングの痛みと張りが取れる。

このまま20分寝て頂き、針を取ってハムストリングを軽くマッサージして、、

問診票に「子宮筋腫」と書いてあったので、どのくらいか聞くと「以前は7cmだったがこの前診てもらったら5cmになってました」。そこでちょうど坐骨神経痛様の症状だったので、子宮筋腫の絡みもあると思い、上向きで寝て頂いて、

鼠蹊部をチェック。やはり痛みが出ていたので、

左の脇腹に一本針。

これで鼠蹊部の痛みが取れたので、起きて頂いて、動きや痛みの確認。

「前屈しても大丈夫だし、可動域が広がった感じがします。今は痛みはありません」

とのことでした。今回は初診ということもあり、これで終わり。

2〜3日仕事をして、痺れがどうなのか、という所です。経過観察を兼ねて来週にまた来院して頂きます。

今回のケースは軽度のヘルニアはあるんでしょうが、ヘルニアの痛みではなく、坐骨神経痛でした。お尻の筋肉が硬くなり過ぎて、お尻にある坐骨神経を圧迫することによっての痛みと痺れで、原因は長時間の座る姿勢や、おそらく子宮筋腫も少し絡んでいると思います。

ちなみに、子宮筋腫を持っている人で坐骨神経痛になる人はかなり多いです。子宮筋腫で坐骨神経痛になるのは、筋腫が中から圧迫して鼠蹊部に血行やリンパの詰まりを作り、それが筋肉の栄養不足に繋がりお尻周りの筋肉が硬くなって坐骨神経を圧迫するためです。

子宮筋腫からの坐骨神経痛の方を今週はもう数人診ました。あまりこの原因は知られていないけれど、現場的には多い気がします。筋腫があって腰痛や坐骨神経痛がある人は、もしかしたら筋腫が原因かもしれませんよ。

人によってはあることをすると筋腫が小さくなるので、セルフケアも大切です。

関連記事

  1. 背中の痛み・腫れ:治療

  2. 膝の痛み:治療

  3. 指の痛み:治療

  4. 首の痛み:治療

  5. 膝痛、腰痛:治療

  6. 腰痛(慢性腰痛):治療

PAGE TOP