腰痛:治療

今回は腰痛の治療。

左の腰が体を動かす時に痛む。それ以外にも仕事は座りっぱなしのことがほとんどで、その時にも痛む。足やお尻に痺れや痛みは伴わないが、体を左へ捻ると左の腰に痛みが出てくる。

体を診ていくと動き的には、左へ体を捻ると左腰に痛みが出て、後屈でも同部位に痛みが出る。一番痛みが出る動きは、左に捻りながら後ろへ反る動作(ケンプ兆候)である。

うつ伏せで腰椎を診ていくと、下部腰椎(腰椎3番から5番まで)を押すと痛みが出る。左の腰も腰部だけでなく背中の方にかけて痛みと張り感を伴う。臀部は自覚症状はなかったが張っている。

そこでまずは、

頭と左腰に針をする。

これで腰椎と腰部の張り、臀部の張りが取れる。背中はまだ少し張り感が残る。

よく診るとモモ裏のハムストリングも張っていたので、背中の張り感も一緒に考慮して、

左足に一本針を追加。

これで背中の張り感とモモ裏の張り感が緩和される。

では針を取って起きて頂き、最初と同じように動いてもらう。

腰部の痛みは減ったが、5割くらい残るとのこと。

なので、仰向けでソケイ部をチェックすると、痛みが出ていたので、

左の脇腹に一本針をする。

これでソケイ部の痛みが取れるはずなのに、なぜか痛みが緩和されるけれど取りきれない。

少し目線を変えて、

左足に一本針を追加。

これで綺麗にソケイ部の痛みが取れて、再度起きて同じように動かしてもらうと、もう2割くらいしか痛みが残らない。

ただ、2割残るので、座ったまま

背中に針を一本だけして、再チェックすると、

体を捻っても後ろへ反っても、捻りながら後ろへ反っても痛みが出ない。取れました。

今回のケースは内臓も絡んでいたものでした。運動をしている人でも内臓機能が絡んでくることもあるのだな、と改めて体は繋がっているということを認識させられました。

今回の治療は筋肉などの組織を緩めたのに痛みが残る、というケースでこのような場合はその箇所を完璧に緩ませられていないか、内臓や自律神経から痛みが来ているかのいずれかです。運動をしていて比較的健康な方は、あまり内臓や自律神経から痛みが出ることはないのですが、それでも人間の体に100%はないですから、やはり出る時もあります。

この治療でも、最後に残った反応が膵臓や脾臓関連だったので、食べ過ぎたり下痢とかしなかったか尋ねると、普段は快調だけれど最近お腹が緩かったとのことでした。この治療をしたら綺麗に痛みが取れたので、内臓が絡んでいることは明確です。

皆さんのなかなか治らない腰痛も、きっと他に原因があるのではないでしょうか?胸に手を当てて体に聞いてみてください。

 

関連記事

  1. 首肩の痛み:治療

  2. 肩こり:治療

  3. 腰痛(坐骨神経痛):治療

  4. 腰痛(慢性腰痛):治療

  5. 肩こり、腰痛、頭が重い:治療

  6. 腕のだるさ:治療

PAGE TOP