お腹の張り(腹部膨満感):治療

お腹、特に下腹部の張りの治療。

一週間前くらいより、下腹部を中心にお腹が張り出した。特に胃のもたれや食欲不振などはないが、もう少しで生理がくるからからかなと思っていた。便秘や下痢もなく、ただお腹が張っていて苦しくて不快。

早速仰向けで診ていくと、お腹は胃、腎、子宮、左右卵巣、左大腸、脾、肝、胆の反応があった。次に首をチェック。首の後ろを四箇所に分けて押すと左側は上から二番目に痛みが、右側は全てに痛みが出る。また、首の側面の胸鎖乳突筋も四箇所に分けて押すと、両方とも上から二番目と三番目が痛む。

そこで、

これでお腹は左の卵巣と胆以外の反応は消えて、首は右側の上から二番目の痛み以外は消える。

そこで再度右の針を刺激すると右の首の痛みは消える。

次に、

左足に一本針を追加。

これで左の卵巣の反応が消える。ただ、胆の反応がまだ残るのと、なぜか右の卵巣に新たな反応が出現。もともと左の卵巣部分にコリっとした塊のようなものが触れていたが、それがなくなったら今度は右に出てきた。なので、右の卵巣と胆の反応を考慮して、

右足に一本針を追加。

これで右の卵巣と胆の反応が消える。

そのまま20分寝て頂いて、再度お腹を触診すると硬かった下腹部が緩んで柔らかくなっている。本人にも押して確かめてもらうと、「だいぶ硬さがなくなって、張りも楽になりました」と。

お腹の張り感は、感覚の問題なのでなかなか客観的な評価は難しいので、自分自身でも治療前後に比較してもらうのが一番良いでしょう。こちらが捉えた体の変化と、患者さん自身が感じた体の変化が合っていれば治療はOKです。ただ、中にはこちらが緩んだと思っても症状が変わらないケースや、まだ硬いなと思い症状を尋ねると症状が取れているケースもあるので、そのような時には再度話し合い、何が原因か探る必要も出てくるし、特に前者の場合は内臓や自律神経の乱れが大元の原因であることも多々あるので注意が必要です。

また、お腹の張り感は自分自身でもお腹を温めることや、食物繊維をとって便を促すなど出来ることはしましょう。

 

関連記事

  1. 頭痛(緊張型頭痛):治療

  2. 腰痛(脊柱管狭窄症):治療

  3. 体の重たさ:治療

  4. 指の痛み:治療

  5. 膝の痛み:治療

  6. 肩の痛み(腱板損傷):治療

PAGE TOP