群発頭痛の症状

群発頭痛は他の一次性頭痛と比較して稀な頭痛ではありますが、人類が経験するもので最も酷い痛みと言われています。痛みは眼窩後部や上顎部にみられることが多く、症状としては短時間(15〜180分)持続の一側性激痛に自律神経症状(結膜充血、鼻漏、鼻閉、顔面発汗、顔面紅潮、頭痛側の流涙、縮瞳、耳閉感)を2〜3つ伴います。発作ごとに痛む側が変化するということが14〜18%でみられます。

群発頭痛の特徴

自律神経症状が伴うことが大きな特徴でこれは、三叉神経という脳神経が飲酒や亜硝酸薬など血管拡張薬、あるいは睡眠、きつい臭いなどにより活性化し起こるとされていますが、不明な点も多くそのために発症してから群発頭痛と診断を受けるまでに平均7年かかるとも言われています。20〜40歳代の男性が多いとされますが、近年では女性にも増加傾向があります。

群発頭痛の治療と薬

治療としては片頭痛と同じく急性期と予防の治療があり、急性期ではスマトリプタンを注射すると10分以内に頭痛が軽減するといわれ有効率は90%以上とされています。群発期には短時間発作が頻回に起こるので、1日に2回まではスマトリプタンを注射できますが、3回以降は純酸素吸入を行います。こちらも有効率は80%以上とされとても有効な治療です。鎮痛剤として頻用される非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)は効果はありません。

予防治療としてはベラパミルが選択されますが、効果が出るまでおよそ一週間かかります。そのため、発作の回数が多い場合はステロイドも併用されます。なお予防治療は群発期が終われば中止します。この他にも海外では電気刺激療法が急性期、予防と両場面で行われているそうです。

PAGE TOP