国内初の第一人者として

当院ではアメリカで生まれた次世代の革新的な鍼灸治療方法である”アキュゾーン セラピー”を行なっております。

国内初となるアキュゾーン セラピーの認定者・第一人者である院長を始めスタッフ一同、従来の鍼灸治療とは異なる最先端の治療であらゆる症状に対応させていただいております。

 

アキュゾーン セラピー

当院の鍼灸治療はアキュゾーン セラピーというアメリカで行われている最新の治療方法です。アキュゾーン セラピーは少ない針数(4〜5本程度)で最大の効果を発揮できる、治療において痛みを伴わずにきちんと改善させることができる革新的な次世代の治療方法です。

症状はもちろんのこと、その症状に対してどこに原因があるのかしっかりと触診して痛みの出ている場所を探しだし、触診で検出された痛みの場所に対して効果的なツボに針をして痛みを取っていく治療です。一本の針で大きな効果が出せるので、必然的に使う針は少なくて済むことが痛みを伴わないことに繋がりますし、しっかりと治療前後で症状の変化も患者側と治療者側の双方で確認し合うのでお互いに改善を確認することができます。

今の日本の鍼灸治療では脈や体の状態を治療者が一方的に判断して、治った治らないの判定をしていることが多く、独り善がりな部分は否めませんでした。しかしながらこのアキュゾーン セラピーはお互いに触診で検出された痛みや症状がどのように変化していくのかを確認しながら治療を行なっていくので、明確に改善しているのかどうかが理解できます。

鍼灸治療のメリット

鍼灸治療は婦人科疾患をはじめ、頭痛や疲労などの体調面のケアから免疫力を高めたり自己治癒力(自分の体を自分で治そうとする力)の増進といった日々の健康管理まで幅広く対応できます。もちろん、肩こりや腰痛、坐骨神経痛や膝痛など体の各痛みにも大きな効果を発揮します。他の治療方法も良い部分はありますが、マッサージでは体調面まではケアできませんし、薬では特定の症状のみで他の症状まで改善する事はなく副作用も伴うために間違った服用をしてしまうとかえって逆効果にもなるリスクはあります。

なぜ鍼灸治療は様々な症状に対して幅広く対応できるのかというと、東洋医学である鍼灸は症状を診察する上で症状のみではなく”一人の人間を診察する”からです。なぜそのような症状が出てしまったのか、この体には何が必要なのか、日頃の生活リズムや過去の病歴などはどうなのか、そのような細かなところまで考えて治療にあたるので、症状のみならず全身のバランスを整える治療を施すため、症状を改善させることができるのです。

例えるならば、川の水量が大幅に増えて下流では川が氾濫しそうな状況で下流の補修をして一時的に大きな被害を防ぐのが西洋医学(救急医学)、川の上流でダムを作りそこで水量を調節して一定の水量を下流に運ぶ役割をするのが東洋医学です。どちらも必要ですが、緊急(命に関わる状況)でなければ根本的な解決策は上流で対策を施すことが大切です。

PAGE TOP