アキュゾーン セラピーについて

ルーツ

アキュゾーン セラピーはアメリカのニューメキシコ州で開業されている中野雅章先生が考案されました。

中野先生は年間約4,000名ほどの患者さんを約28年もの間治療されている、アメリカで最も受け入れられている鍼灸師と言っても過言ではないくらいの実績を積まれている先生であり、私の師匠でもあります。

特徴

少ない刺激で最大の効果を出す、ことが最大の特徴です。

一般的な鍼灸治療はたくさんの針を痛いところに打ち、ズシッと違和感を感じたり痛い思いをする治療が主ですが、アキュゾーン セラピーは最も細い小さな針を4〜5本程度使用して全ての症状を根本から改善させることができる従来にない革新的なアメリカならではの最新の治療方法です。

また、根源を探し出してそこからアプローチをするので、即効性はもちろん、持続性にも富みます。そのため、確実に改善の実感を感じられる唯一の治療方法です。

触診

アキュゾーン セラピーでは症状を始め、症状の根源となる箇所に必ず反応が出ると考えています。その箇所を触診して押すと、他とは明らかに違う痛みを感じ、これを圧痛と言いこの反応を消していく治療を行います。

そのため、触診して体の悪い反応である圧痛をしっかりと探し出すことがとても大切になります。治療を始める前にこの触診の診察こそが大きな意義を持ちますので、丁寧に慎重に時間をかけて行います。
触診の際は、圧痛だけでなく肌の湿り具合や皮膚の色、温度などをしっかりと手で感知する必要があるため、衣服の上からではなく直接肌に触れて行います。細かなことですが、ここまでして初めて慢性的な症状や重度の症状が改善していきます。

治療

私たちの体には約400ものツボが存在しています。しかしアキュゾーン セラピーで使うツボはたったの26個。

この26個のツボの中からその人に使うべきツボを塾考して4〜5個に絞ります。
使う針が少ないからこそ、1本1本に集中して治療を行います。量より圧倒的に質を意識した治療です。

効果

触診で見つけ出した圧痛をすぐに消去するので、すぐに効果を感じていただけます。また、症状だけでなく根源も治療をするために持続性もあります。

薬やマッサージのようにその場限りでまたすぐに戻ってしまう、ということはアレルギーや服用している薬の副作用以外では基本的にありません。一歩一歩確実に改善していきます。

なぜアキュゾーン セラピーなのか

鍼灸治療には茶道や華道の流派のようにたくさんの治療方法があります。

私も以前は違う治療方法で行なっていましたが、どうも納得いく効果は得られていませんでした。患者さんの症状がきちんと治りかつ自分自身も納得ができるような治療をずっと探し求めていました。数あるセミナーをたくさん受けて、自分でも治療を受けてみて、と何年間も模索していました。途中で気功やマッサージなども取り入れてみたこともありました。

しかしながら、なかなか良い方法に出会えないでいました。そこで、日本ではなく世界に視野を広げてみたところ、2015年にロサンゼルスで中野先生がアキュゾーン セラピーのセミナーを開催することを耳にして全く英語もわからないけれど、これだ!と直感で感じました。そしてそのセミナーに参加させていただき、今までにない治療方法でさらにその効果にも衝撃を受けたことを今でも覚えています。

それからアキュゾーン セラピーを習得するべく、セミナーに毎回参加させていただき、自分の治療方法もアキュゾーン セラピーのみ1本に絞ってこれまでやってきました。私は2つのことを同時にできない不器用な人間なので心を決めてアキュゾーン セラピーに全てを賭けてここまでやってきました。

アキュゾーン セラピーを始めてからおよそ3年が経過した際に、中野先生から先生のアメリカのクリニックでの研修のお話をいただき実際に現地へ伺い手取り足取り、時には厳しくもとても充実した研修をさせていただき、国内初のアキュゾーン セラピーの認定者となり先生から認めていただくこともできました。

しかしながら、まだまだアキュゾーン セラピーは奥が深く、先生のレベルには至らないのも実感しています。

なので今後も日々の診療はもちろん、セミナーやアメリカ研修も定期的に行いレベルアップを常に計り日本国内で症状に悩んでいる全ての患者さんの役に立てるように今後も精進してアキュゾーン セラピーを極めていく次第です。

アキュゾーン セラピーは私の治療家人生を大きく変えてくれた宝物です。

PAGE TOP